加仏首脳のブロマンス(Bromance)として話題となる

イタリアのシチリア島で開催された先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)では、初参加する米国のトランプ大統領の言動が注目されましたが、イケメン政治家で39歳と45歳の若い2人は明るい話題を提供したようです。

Group photo of G7 leaders at the 43rd G7 summit: Donald Tusk, Justin Trudeau, Angela Merkel, Donald Trump, Paolo Gentiloni, Emmanuel Macron, Shinzō Abe, Theresa May, Jean-Claude Juncker (from left to right) / Wikipedia

フランスのエマニュエル・マクロン(1977年12月 – )氏は、39歳で第25代フランス大統領、G7サミットに初参加です。カナダのジャスティン・トルドー(1971年12月 – )氏は45歳、2015年から第29代カナダ首相を務めています。ネットではイケメンで若い加仏首脳のブロマンス(Bromance)として人気を集めています(^^) 力強くデジタル経済を牽引します。

マクロン大統領は、トルドー首相と丘の上にある美しい町タオルミナの庭園を歩いた後、Twitterには動画とともに「フランスとカナダの友情に新しい顔が生まれた」「トルドー首相、われわれの世代が直面する問題の解決は、私たちにかかっている!」と投稿して人気になっています。
一方のトルドー首相も、スーツのジャケットを風になびかせながら地中海を望む写真と共に「マクロン大統領と初会談し、雇用や安全保障、気候について語り合った。今後も対話できることを楽しみにしている」と投稿しています。2015年11月に男女閣僚が同数について問われ Because it’s 2015(もう2015年ですから)と答えています。シンプルでいい説明でしたね(^^)

ダイバーシティ(Diversity)は、価値創造のキーワード

Diversity / art around
Diversity / art around

写真は、米ワシントンDCにあるパブリックアート、タイトルは「Diversity」。大人から子どもまで分りやすいアートですね(^^)

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のことです。
性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの「多様性」を受け入れ、広く人材を活用することで創造性と生産性を高めようとすることをいいます。

1月22日、カタリスト(Catalyst)は「ダイバーシティ」と「男女平等」を進めるカナダのジャスティン・トルドー首相のリーダーシップに対して特別表彰を行うことを発表。2015年11月、カナダ史上初めて男女同数の内閣を立ち上げたトルドー首相は、男女閣僚が同数であることの理由を聞かれた際に、Because it’s 2015(もう2015年ですから)と、シンプルに説明しました。それ以後は頻繁に使われるフレーズとなったそうです(^^)

経済産業省は、経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、企業競争力の強化を図るためには、女性、外国人、高齢者、障がい者を含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参画していくことが必要として取り組んでいます。

外務省は、世界のより多くの人々に対して、日本の魅力の諸相を「世界を豊かにする日本」として表現・発信することにより、日本への深い理解と共感の裾野を広げていくための海外拠点事業「JAPAN HOUSE」を始動させました。

ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんの”Diversity is what unites us.“(多様性こそ私たちを結びつけるものです)という、私の好きな記事(1/8 2009)があります。りばてぃさんが執筆している楽しい連載記事をお勧めします(^^)