Google、機械学習に最適化した「Cloud TPU」を発表

Cloud TPU / Google

Googleは、年次開発者会議「Google I/O 2017」で、機械学習に最適化した第2世代の TensorFlow Processing Unit(TPU)と、それを用いたクラウドサービス「Cloud TPU」を発表しました。
サンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)CEOは、「機械学習やAIの進化は、コンピュータアーキテクチャの見直しを迫っており、そのためにAIファーストデータセンターを構築している」、また「カスタムハードウェアのTPUは、CPUや GPUよりも15倍から30倍高速で、30倍から80倍も電力効率が高い」と述べています。

写真は1台の「Cloud TPU」ボードで、ここに4つのチップが搭載され、ボード1つあたり180テラフロップス(1秒間に180兆回の演算)の能力を備えています。データセンター内では、これを64台まとめた「TPU Pods」を構成し、このポッドあたり 11.5 ペタフロップス(1秒間に1.15京回の演算)の能力があると述べています。

A “TPU pod” built with 64 second-generation TPUs delivers up to 11.5 petaflops of machine learning acceleration.

理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」は、1秒間に1京回の演算ができることから「京」と名付けられています。

Googleの Jeaf Dean氏によれば、「TPU Pods」の能力の8分の1を使って機械翻訳モデルの学習を処理したところ、「現在販売されている最速の GPUを32個使った場合に丸1日かかった処理が、TPUポッドでは同じ翻訳精度を保ったまま午後には処理が終了するようになった」と説明しています。

Google、モバイルから AI ファーストの世界へ(Sundar Pichai)


日本の新任CEOの平均は61歳と世界で最も高い

2017年5月16日、PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめています。調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社でした。日本ではいくつかの顕著な傾向が見られます。調査の全文は、下記のPDFをご覧ください。

日本は2016年新任CEOの平均年齢は61歳と昨年より1歳上がり、世界平均の53歳と比べて8歳も高くなっています。

・新しく就任するCEOの平均年齢は、日本が61歳ととびぬけて高い。

日本企業で日本人以外のCEO就任は0%(世界平均13%)、3%が他企業からの招聘で(世界平均18%)、他企業でのCEO経験は9%(世界平均21%)でした。さらに他企業での業務経験は33%(世界平均74%)(図表10参照)、MBA保有率は4%(世界平均36%)で 、これらの数値はすべて世界で最も低い値です。また、新任女性CEOは0%(世界平均3.6%)でした。

・他企業での経験は日本が最も少なく、1つの企業に勤め続けて就任するCEOが2/3を占める。

国家でも企業でもリーダーの資質は、その行方を大きく左右します。年齢や資格が全てではありませんが、日本企業のリーダーシップや経営判断について疑問を持つ事例が後を絶たないのも事実です。

デジタルやテクノロジーから遠い日本のCEO(PwC Japan)