イスラム国(IS)首都ラッカを解放、シリア民主軍(SDF)

IN MEMORY of our honorable Martyrs we announce the total liberation of Raqqa of ISIS! / SDF(YPG)

10月17日、少数民族クルド人の軍事組織を主力とする連合部隊シリア民主軍(SDF)は、過激派組織イスラム国(IS)が首都と称してきた北部ラッカ(Raqqa)を制圧、解放したと発表しました。

シリア民主軍は、シリア騒乱(内戦)下の2015年10月12日、シリアのクルド人民兵部隊クルド人民防衛隊(Kurdish People’s Protection Units、YPG)を主体として結成しています。
シリア民主軍は政府軍を積極的に攻撃しない上に、米国から優先的に空爆による支援と武器の供給を受けているため、他の反体制派から反感も持たれています。

SDFは米軍が主導する有志連合の軍事支援を受けて、今年6月からラッカ制圧作戦を本格化させていました。ISは住民を「人間の盾」にして抵抗。在英の反体制派NGO「シリア人権監視団」によると、6月以降、巻き添えで住民1,000以上が死亡しています。また、有志連合による空爆の被害も多いということです。

ラッカは2013年3月、シリアの反体制派が制圧。これをISの前身組織が2014年初頭に制圧し、その後「首都」と称していました。以降、世界からIS信奉者が集まる一大拠点になっていました。

過激派組織イスラム国(IS)は、独自のイスラム教解釈に基づく疑似国家のカリフ(預言者ムハンマドの後継者)制国家の実現を目指しましたが、IS支配地域の大半は制圧され、ISの首都ラッカも陥落して「国家」実現はついえたことになります。

ロヒンギャ避難民の緊急事態に支援を(空からの映像)

Help Rohingya Refugees Now / UNHCR

ミャンマーのラカイン州北部で起きた暴力行為により、隣国バングラデシュに逃れるロヒンギャ(ミャンマーのイスラム系少数民族)の人々が急増しています。
その数は8月25日から約53万6,000人にのぼり、10月9日には1日だけで1万1,000人以上が安全を求めて逃れています。

その大半が徒歩でジャングルに隠れながら山や川、海を渡り、人々は水も食糧もなく、体調を崩し弱り切った身体で国境を越えています。
また、モンスーンによる連日の豪雨で避難場所が洪水となり、難民をさらに苦しめています。水も不足し衛生環境が悪化する中、コレラなど感染症の発生が懸念されています。

10月16日に、グランディ国連難民高等弁務官らが、受け入れ国に対する支援などを求める共同声明を出しました。また、空からドローンで撮影した避難民の様子を公開(音声無し)しました。

声明では「(ロヒンギャ難民の隣国への)流入の速度と規模により、世界で最も早く拡大している難民危機および人道危機になっています。バングラデシュ政府や地元の慈善団体、ボランティア、国連、NGOなども支援をしていますが、喫緊にさらなる支援が必要とされています」と指摘しています。

国際社会に対して、50万人以上とされるロヒンギャ難民問題の解決の努力と支援を呼びかけています。