壇蜜さん主演の仙台・宮城観光PR動画が配信終了へ

壇蜜主演 【涼・宮城の夏】仙台・宮城観光PR動画

7月5日から公開されていたタレント壇蜜さん主演の「涼・宮城の夏」が8月26日で配信を終了するようです。

この動画は、宮城県や仙台市、JR東日本でつくる仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会(会長・村井嘉浩知事)が制作した「伊達な旅」夏キャンペーン(7~9月末)の一環として配信していたものです。

観光キャンペーンのテーマは「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」で、宮城県は本年度、動画制作などの関連費用として約2億3,700万円を計上。県観光課の担当者は「避暑地として知られる長野よりも気温が低い宮城の快適さを表現したかった。多くの人に見てほしい」と話したそうです。

現在 YouTubeの再生回数が370万回を超え、人気タレントの壇蜜さん(横手市出身)を起用した思惑が当たった格好ですが、「性的な表現が不快」「税金を使うべき動画ではない」との批判も相次いでいました。宮城県議会の野党4会派や女性団体などは相次いで配信停止を県に要請し、退任した奥山恵美子仙台市長も「品位を欠くと言われてもやむを得ない」と指摘しました。

推進協議会会長の村井嘉浩知事は、8月7日の定例記者会見で「一般世論は8割ぐらいが評価している」と反論していました。21日の定例記者会見で、一部県議や市民団体からの抗議について「正直に申し上げると、そちらに対する配慮もした」と述べ、抗議の影響を認めています。

東日本大震災からの復興や観光キャンペーンの意図は理解できますが、日本国内限定の特定層、特に中高年男性の受けと関心を狙った「言葉使い」や「映像表現」は、あまりにも「旧来の内向き論理と価値観」に過ぎるように思います。企画構成メンバーの男女比率や年齢構成の多様性に疑問を持ってしまいます。未来志向のPR動画にはなっていないように思いますが・・・。

モバイルのAIリアルタイム画像処理AIMATTERをGoogleが買収

HAIR COLOR CHANGE / AIMATTER

モバイルのAIリアルタイム画像処理スタートアップの AIMATTERをGoogleが買収しました。

ベラルーシを本拠としている AIMATTERの自撮り画像処理アプリ「FABBY」は、AIによって色調の調整や、カラー、マスク、背景、メイクアップのデザインとなどの画像処理ができます。また「FABBY LOOK」では、ヘアーカラーを瞬時に切替えることができます。

デモ動画の左が「FABBY」、右が「FABBY LOOK」です。

AIMATTERサイトには、「世界最速のモバイルAIリアルタイム画像処理」としており、オープンソースのディープラーニングライブラリ CaffeTensorFlowよりも3倍以上速いと記されています。

モバイル環境下での機械学習(AI)によるリアルタイム画像処理などでは、クラウド環境のAI画像処理とは異なるプログラムの最適化設計を必要とされているようです(^^)

We’re excited to announce that the team is joining Google!(AIMATTER News)

  • AIMATTER(Website) Android/iOS版アプリあり