生放送で大きな「あくび」がオンエアされてしまう!

A big yawn for the blooper reel! / Deedee Sun

米カンザス州ウィチタにあるテレビ局 KWCHROSS JANSSENさんが番組で天気図を指差し解説しています。

この天気予報の最中に、突然ジャーナリストでニュースキャスターの Deedee Sunさんの可愛い「あくび」が、ジャストタイミングでオンエアされてしまう楽しいハプニングがありました(笑)

時間は夜の9時、この天気解説のあとに彼女のリポートがあります。そのオンエア前の緊張が緩んだ一瞬だったんでしょう。溜まっていた疲れと眠気から、つい大きな「あくび」が出てしまったのでしょうね(^^)

Deedee Sunさんは「自分が絶対にオンエアされることがない」と信じていた時間です。
彼女の大きな「あくび」を狙ったかのように、ジャストタイミングで生放送される見事なNGシーンは二度とないと思います(笑)

Adding this one to the blooper reel! Someone accidentally pushes the right button at just the right time to catch my GIANT yawn hahha! 😂😭 And yes, Ross Janssen, I was a little tired out there 😛

世界初の電動垂直離着陸(VTOL)エアータクシー

The world’s first all-electric VTOL jet / The Lilium Jet

滑走路がいらず、空気抵抗が小さいので騒音も少なく、エネルギー効率も良い垂直離着陸機(VTOL機)が注目されています。

ドイツのスタートアップ Lilium Jetが、世界初となる電動ジェット垂直離着陸機(VTOL機)のテスト飛行に成功しました。

機体の翼に合計36(前12/後24)個の電動ジェットエンジンを搭載して、時速300Kmで航続距離300Kmを飛行できます。このプロトタイプ機は2人乗りですが、オンデマンドの5人乗りエアータクシーも設計しています。

空飛ぶタクシーとして、オンデマンドで自動操縦運行を目指していますが、大都市圏の高速移動に限らず、過疎地の移動手段として最適な移動形式だと思います。世界各国でも垂直離着陸タイプの移動手段を模索しています。

米国では DARPAで VTOL機の開発を推進しています。ドローン方式ですが、ドバイで自動操縦のドローン・タクシーを導入して、この夏にも試験運行が始まります。

日本のJAXA(航空技術)では、4発ティルト・ウィングVTOL機の飛行実験をしていますが、タクシー用途の小型垂直離着陸機(VTOL機)の開発を急いでほしいと思います。

  • The Lilium Jet News(Website) 5人乗りエアタクシーなど、機体デザインの変遷
  • Electric Jet Engines(Lilium Jet) 電動ジェットエンジンなどテクノロジーを説明

・Website: https://lilium.com/
・Facebook: https://facebook.com/LiliumAviation
・Twitter: https://twitter.com/Lilium
・Youtube: https://youtube.com/LiliumAviation