Museum

blank

古代エジプト王のミイラ22体、国立エジプト文明博物館に引越し

4月3日、エジプトの首都カイロで、古代エジプト最強の女王を含む22人のファラオのミイラが、金色の装飾を施した車列「ファラオの黄金パレード」により移送されました。厳重な警備の下、エジプト考古学博物館から新たな国立エジプト文… 

blank

デンマークの魔女狩り博物館とオランダの魔女計量所

8世紀最初の10年間に建設され、教会や博物館が数多く残っているデンマーク最古の街とも言われるリーベ(Ribe)にある「魔女狩り博物館」が人気となっています。16~17世紀にデンマークと欧州全域に吹き荒れた魔女に対する恐れ… 

blank

アート、文学、博物のジャンルを超えた角川武蔵野ミュージアム

角川武蔵野ミュージアム(Kadokawa Culture Museum)は、11月6日にグランドオープン予定の国内最大級のポップカルチャーの発信拠点「ところざわサクラタウン」のランドマークです。博物館・美術館・図書館・ア… 

blank

アート作品間の隠れたつながりを探るAIアルゴリズム(MIT CSAIL: MosAIc)

7月29日、MITコンピュータ科学・人工知能研究所(MIT CSAIL)と Microsoftの研究者グループが、メトロポリタン美術館(The Met)と、アムステルダム国立美術館(Rijksmuseum)に収蔵されてい… 

blank

ウポポイ 国立アイヌ民族博物館(National Ainu Museum)が開館

ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化を復興するための空間や施設であるだけではなく、我が国の貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化を復興・発展させる拠点として、また、将来に向けて先住民族の尊厳を尊重し、差別… 

blank

ウポポイ(民族共生象徴空間)はアイヌ語が第一言語

白老町ポロト湖畔に4月24日オープン予定のウポポイ(民族共生象徴空間)については、施設の名称や園内案内板、展示解説などは、アイヌ語が第一言語となっています。ヤイハノッカㇻ チセ(体験学習館)では、館内の部屋ごとに動物の名… 

blank

アートとデジタルテクノロジーが共生するディマシオ美術館

北海道新冠郡新冠町字太陽にある「太陽の森 ディマシオ美術館」は、2008年に廃校になった「旧・太陽小学校」をインターネットオークションで落札し、地域密着型の美術館として2010年8月にオープンしました。世界最大の油彩画は…