有名になりたかったジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)

Jean-Michel Basquiat / IMDb

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月 – 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれた米国の画家です。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られています。

ブルックリンの中流家庭に生まれ、母は幼い息子を美術館によく連れて行ってます。7歳のとき、車にはねられ入院。その入院中に母が贈った「グレイの解剖学」の頭版は、その後の作品の重要なモチーフになります。

17歳の時に友人とインチキ宗教を生業とする、架空のキャラクター〈SAMO〉を創り出し、ダウンタウンで署名入りの詩的な落書きをして知られるようになります。

その後、ハイスクールを中退、手作りの絵葉書や、Tシャツを売ってお金を稼ぐようになり、やがてクラブ57(Club 57)の常連となり、マドンナとも付き合うようになります。美術界に足を踏み入れたバスキアは、米国ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル(写真: at Mr. Chow. April 21, 1986.)に認められて人気と栄誉を得るようになります。

1250点を超えるドローイングと900点を超える絵を残し、オーバードースにより27歳の若さでこの世を去ったジャン=ミシェル・バスキア。彼の夢とは、そして望んだものは何だったのでしょう。

2010年サンダンス映画祭 ドキュメンタリー部門正式出品作品。1980年代のアート界に新風を吹き込んだアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。本人の貴重なインタビュー映像をもとに綴られる初のバスキア・ドキュメンタリー作品です。

日本文学と日本映画の名作「飢餓海峡」

Kiga kaikyô (1965) / IMDb

水上勉さんが推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品で代表作の一つです。戦後の貧困の時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が主要な登場人物に投影されています。

1965年(昭和40年)に映画、また1968年からテレビドラマ、1972年からは舞台が数回にわたって制作されています。映画とテレビで6,7回観ていますが、久しぶりに動画配信で3時間2分のノーカット版を鑑賞しました。

洞爺丸事故」は、1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で台風第15号により起こった、青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故です。死者・行方不明者あわせて1,155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となっています。
また、同日に岩内町では市街の8割・3298戸が焼失(写真)、罹災者16,622人、死者35人(焼死33人、溺死2人)、負傷者551人、行方不明3人の「岩内大火」が発生しています。

飢餓海峡は、この洞爺丸事故と岩内大火を題材にして着想されています。
青森県大湊(現:むつ市)の娼婦・杉戸八重は、一夜を共にした犬飼多吉と名乗る見知らぬ客から、思いがけない大金を渡されます。八重は借金を清算して足を洗い東京に出ますが、犬飼の恩を忘れることはなく、金を包んであった新聞と犬飼が使った安全カミソリ(映画では犬飼の爪)を肌身はなさず持っていました。

殺人事件の捜査を通して、犬飼多吉と娼婦・杉戸八重が貧困の中で懸命に生きた想いや、人生の悲哀と悲劇が描かれた日本文学と日本映画の名作です。

Le détroit de la faim – Tomu Uchida – Trailer 投稿者 k-chan

岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成