話題のミュージカル映画ラ・ラ・ランド(La La Land)

Ryan Gosling and Emma Stone in La La Land (2016) / IMDb

映画ラ・ラ・ランド(La La Land)は、2016年12月に米国で公開されたミュージカル映画です。脚本、監督は注目のデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングエマ・ストーンが務めます。第73回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品として上映されました。

この映画、ゴールデン・グローブ賞歴代最多の7部門受賞。そして、アカデミー賞史上最多の作品賞ほか14ノミネートされている話題作です。2月12日に開催された第70回英国アカデミー賞では、「ラ・ラ・ランド」が作品賞、エマ・ストーンが主演女優賞など最多5冠を果たしました。

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをします。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人でしたが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていきます。売れない女優とジャズピアニストの恋を、ゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描いています。

1月27日にデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが来日しました。
ジャパンプレミアでデイミアン監督は、「エマがブロードウェイでミュージカルをやっている時に出会い、今回ライアンとエマという素晴らしい二人をュージカルで共演させることができてすごく嬉しかった。エマのおかげで、普段ミュージカルを観ない人にも観てもらえるような作品になった」 また、「黒澤明監督作品や溝口健二監督作品など、日本の素晴らしい映画監督たちからいろんなことを教わりました。そんな日本で自分の作品を紹介出来ることを大変嬉しく思っています」と、語っています。

ドキュメンタリー映画「海は燃えている(Fuocoammare )」

Fuocoammare (2016) / IMDb

ジャンフランコ・ロージ監督の「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」は、アフリカ大陸にもっとも近いイタリア領最南端の島ランペドゥーサ島を舞台にしたドキュメンタリー映画です。

12歳の少年サムエレが生まれたこの島には、彼が知らないもうひとつの顔があります。それは、アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口としての顔です。

島の自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の旅を経て島へとやってきた難民の涙。
小さな島の中には死があり、そして、生があります。美しく詩情あふれる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作です。

ジャンフランコ・ロージ監督が島へと移り住み、1年半をかけて温かくも冷静な眼差しで、島の「真の姿」を描き出したドキュメンタリーです。

ロージ監督は、二作連続で世界三大映画祭の最高賞を受賞しただけでなく、「ベルリン」「ヴェネチア」でドキュメンタリー映画で初の最高賞を受賞するという快挙を成し遂げています。
審査員長のメリル・ストリープは「現代を生きる私たちに必要な映画。この映画が世界中で公開されるためならどんなことでもする」と力強く本作を応援しています。

・第66回ベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)受賞
・第89回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表
「海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~」は、2017年2月11日(土・祝)から Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開です。