拡張現実の未来を描くSF: Strange Beasts(奇妙な獣たち)

Strange Beasts / Magali Barbé

拡張現実(AR)や複合現実(MR)の未来は、ゲームや疑似体験の世界だけなのでしょうか?

主人公の男性が複合現実世界を構築するツールで、奇妙な獣のような仮想ペットを創り出して遊びます。

また、主人公のライブラリーに存在する一人の少女(Anna)も、奇妙な海洋生物を生み出していつも遊んでいます。

ところで、この幼い少女(Anna)の存在は・・・?

私たちの夢の中や想像したもの、あるいは大切な記憶や思い出を再現(構築)するツールとして拡張現実(AR)が発展するのかもしれません。

制作したのはロンドンをベースにして活動、アニメーションや Maya,Nuke,After effectなど、CG全般にスキルをもっている Writer/Director/Previs Artistの Magali Barbeさんです。

I have previously worked is places such as: The Third Floor, Passion Pictures, Framestore, The Mill.

Strange Beasts from Magali Barbé on Vimeo.

素晴らしいショートフィルム World Builder


観る人の違和感を問う楽しいショート For Approval

For Approval / Mainframe (North)

人によって固定観念や常識の範囲は違います。一線を越えると許せないとして違和感も覚えます(笑)
予期しない行動をする動物たちや、驚異の自然現象の動画が話題になりますが、私たちの知識や常識を越えた「意外性」「驚き」が楽しいのだと思います(^^)

映画や写真においても、最近はVFXや視覚効果の進化や Photoshopなどの画像加工の一般化で、人の固定観念や意外性などを問うような面白い映像や写真を、比較的容易に制作できるようになりました。

この56秒間の作品「For Approval」は、私たちの固定観念と常識を試した楽しいショート作品です(^^) 制作したのはイギリスのマンチェスターで映像制作している Mainframe(MF)です。

3DCG制作で現実感はあるのですが、対象物のみの映像なので最初から仮想空間と分かってしまいます。現実の周囲や背景があると、より意外性が鮮明になったように思います・・・。

ホラーの名作、1973年(昭和48年)の映画「エクソシスト」で人の首が背中に回転するシーン、人の固定観念と常識をくつがえす恐怖シーンとして鮮明に記憶されています。1979年の映画「エイリアン」では、人間に寄生、酸の体液、H.R.ギーガーのデザインなど、既成概念を越えた存在として恐怖を増大させたように思います(^^)

For Approval from Mainframe (North) on Vimeo.

H.R.ギーガーとAlien(エイリアン)