十日町

少子高齢化、過疎化のなかで「新たな町づくり」

新潟県中魚沼郡津南町、人口10,393人。ブランド米「魚沼産コシヒカリ」の生産が盛んな町で、自然環境に恵まれ、町内を代表する地形である河岸段丘は日本最大の規模です。 ここも全国の中山間地と同様に、少子高齢化、過疎化のなか… 続きを読む »少子高齢化、過疎化のなかで「新たな町づくり」

大地の芸術祭:Australia House(オーストラリア・ハウス)

2013年7月20日(土)~9月1日(日)まで、「大地の芸術祭の里 越後妻有2013夏」を開催中です。 オーストラリアは、大地の芸術祭の「人間は自然に内包される」という理念に強く共感し、2000年の第1回以来、毎回大地の… 続きを読む »大地の芸術祭:Australia House(オーストラリア・ハウス)

移住女子の挑戦「次世代につなげたい!」プロジェクト

地元応援クラウドファンディング ファーボ(FAAVO)の、新潟県十日町集落の「次世代につなげたい!」プロジェクトは、目標額の32万円に対して、40日を残して66万8千円になっています(^^) プロジェクトのスタッフや「移… 続きを読む »移住女子の挑戦「次世代につなげたい!」プロジェクト

十日町集落の「次世代につなげたい!」プロジェクト

地元応援クラウドファンディング ファーボ(FAAVO)の、新潟県十日町集落の「次世代につなげたい!」プロジェクトを応援します。 次世代につなげたい!新潟の中山間地域のくらしを冊子に!【ChuClu(ちゅくる)】 写真の坂… 続きを読む »十日町集落の「次世代につなげたい!」プロジェクト

大地の芸術祭 過去の文化を見つめ未来を創造する

十日町市博物館には、製作時期が4500年前となる日本最古の国宝「火焔型土器」があります。炎天下を歩くのに疲れて、涼しい場所を求めて博物館へ行ったのですが、観る価値は十分です。 装飾的な縄文土器の中でも、特に装飾性豊かな土… 続きを読む »大地の芸術祭 過去の文化を見つめ未来を創造する