運転手なしの自動運転車認可とWaymoのキャンペーン

Let’s Talk Self-Driving / letstalkselfdriving.com

10月11日、米カリフォルニア州の規制当局は自動運転車に関する規則について、運転手が乗車しなくても同州の公道を走行することを初めて認める内容に改正する案を公表しました。
当局によると、新規則は2018年6月までに施行される見通しです。

従来の規則では、自動車会社は安全性評価報告を州当局へ提出することが義務付けられ、車種の更新に際しては認可が必要でした。また従来の規則は、すべての自動運転車に運転手の乗車を義務付けていました。

10月9日に米アルファベット傘下のウェイモ(Waymo)は、「国民安全評議会(National Safety Council)」 や「高齢者の生活のための財団(FSL)」「視覚障害児のための財団(Foundation for Blind Children)」「飲酒運転の根絶を目指す団体(madd.org)」などと協力して、Let’s Talk Self-Driving(自動運転車について話そう)キャンペーンを発表しました。

キャンペーンは米アリゾナ州で開始され、各メディアでキャンペーン広告が行われる予定です。Waymoはフェニックスの住民に自動運転車に試乗してもらうパイロットプログラムも実施しています。

10月12日に米アリゾナ州のテレビ局(abc15)が Foundation for Blind Children(目の不自由な子どもたちのための団体)を取材しています。自身も視覚障害の息子をもっている施設の代表 Marc Ashtonさんは、自動運転車の導入により視覚障害者の移動と自立を助け、いかに自由になるかを語っています。(下記動画)

日本は「ユニバーサル社会」を目指し、2004年に参議院での「ユニバーサル社会の形成促進に関する決議」から13年、少子高齢化の日本こそ、国全体で大胆な規制緩和と、大胆なデジタル技術革新を目指さなくてはと思います。

Waymo has sparked a new education initiative that is starting right here in Arizona. But, they are trying to focus on people who should not normally be in the driver’s seat.

脳はどのように美しさを判定するか?(TEDMED: Anjan Chatterjee)

Anjan Chatterjee: How your brain decides what is beautiful

神経科学者のアンジャン・チャタジー(Anjan Chatterjee)さんは、最も魅力的な概念である「美しさ」の研究において、進化心理学と認知神経科学というツールを利用して「脳はどのように美しさを判定するか?」を講演しています。

チャタジーさんは「相手の中に美しさを見つけることは、もちろん判断は個人によりますがグループの存続に貢献する要素により形作られます。多くの実験によって、基本的ないくつかの要素が顔を魅力的にする事が示されました」と述べています。

美しさの基本的な要素「平均化、対称性、ホルモンの影響」について、それぞれ説明しています。
対称性では、1930年代にマクシミリアン・ファクトロヴィッチ(Maksymilian Faktorowicz)氏が、美顔測定器を設計する際に美しさにおける「対称性」の重要さを認識して、わずかな対称性の乱れを測定しています。そして、販売したのはそれを修正するための製品で、彼自身の名前を受け継いだ「マックス・ファクター」と紹介(写真)

「美しい人を見たときに脳では何が起こるのか?」の研究と実験から、「私たちの脳は、視覚と快楽を結び付け美しさに自動的に反応するとしています。どうやら私たちが美しい人を見ると、そのとき他の何を考えていようともいつもピーンと反応するようです」と興味深い成果も披露します(^^)

「美は良い事」そして「醜さは悪い事」という「刷り込み」をメディアが利用して「悪意のある人」を表現するという不当な扱いで増強されます。私たちは「この種の無意識の偏見を理解し、その人たちの外見ではなく行動によって判断する社会を目指していく必要があります」と述べています。

Max Factor Sr. in 1935, demonstrating his beauty micrometer device