躁うつ病に苦しむ人の体験を共有するデータベースを構築したい

当事者個々人が持つ多種多様なナレッジを一箇所に集め、Webサイト上で共有します。/ 白楽たまき

白楽たまき(仮名)さんは、躁うつ病(以降「双極性障害」と表記)という精神障害のため障害者手帳を保持している障害者です。この病気が原因で、過去に休学や休職を経験。近年は、仕事に就いては短期間で再発して退職するということを繰り返しており、年収は50万円にも満たない状況です。離婚や子どもとの離別も経験しています。

自分以外にも多くの当事者の方々が、病気の症状に苦しんでいるだけでなく、仕事・家庭・友人・収入・生活といった様々な面で深刻な困難に直面している現状を目の当たりにしてきたそうです。

そこで白楽たまきさんは、この病気によって人生を大きく翻弄されている全ての方たちを何とかしたいと思い、当事者の知識を共有するクラウドファンディング(Readyfor)によるプロジェクトを立ち上げています。目標額は25万円です(6/30締切)

双極性障害に人生を翻弄される当事者を少しでも減らすために、新たな一歩を踏み出します。

このプロジェクトは、個人差の大きい「双極性障害」と上手に付き合って生きていくためのノウハウを当事者間で共有できるデータベース形式のWebサイトを構築します。支援金はWebサイトの開発費と1年目の運営費、そして、より多くの当事者の方に知って頂くためのWeb広告費の費用となります。

そして、「プロジェクトが目指しているのは、双極性障害の当事者個々人が持っているあらゆるナレッジ(知識)のオープンソース化(無償公開)です。これにより、双極性障害にこれからの人生を翻弄されずに生きていける人が増え、更にデータベースが充実していく、という好循環が生まれることです」と述べています。

障害者の「生きづらさ」を減少させる「双極性障害ナレッジベースサイト」の構築を応援しています。

An image depicting profound sadness. / Wikipedia

Googleのコアラカー、Waymoのホタル(Firefly)開発を終了

Steve Mahan, who is legally blind, took the world’s first and only truly self-driving ride on public roads in a Firefly without a steering wheel and pedals

2014年に Googleが車体から自社開発した「Google Car」は、ハンドルもペダルもない2人乗りの可愛らしいスタイルからコアラカー(koala car)とか、ガムドロップ(gumdrop)と呼ばれていました(^^)

Alphabet傘下の Waymoでは、ホタル(Firefly)の愛称で呼んでいたようですが、この先進的デザインの完全自動運転車ホタル(Firefly)の開発を終了すると発表しています。

これからは、Fireflyの自動運転システムを引き継ぎ、性能を大幅に向上させた新型AIプラットフォームを搭載して、「手動・自動切替え」が可能な量産車クライスラー・パシフィカ(Chrysler Pacifica Hybrid minivans)の開発に注力していくことを発表しています。

可愛らしいコアラカーの走る姿は、人工知能(AI)の自動走行車というハイテクイメージを和らげ、子どもや障害者、お年寄りに優しいテクノロジーとして定着させたように思います。もちろん自動運転に必要な走行データの蓄積や、ハードウェアやソフトウェアの向上にも寄与しています。

何台かの Fireflyは、カリフォルニア州のコンピュータ歴史博物館と、ロンドンのデザイン・ミュージアムに展示されているようです。少し寂しいですが、未来ではこのデザインが復活するかも(^^)

Our Pacifica minivan builds on what we learned with Firefly, and includes the latest generation sensors and software.

新しい「Google Car」 は、車体から自社開発