コンテンツへスキップ

Russia

ウクライナでの戦争犯罪を検証するOSINT(Open Source Intelligence)

ロシアによるウクライナ侵略では、ロシア軍は軍事施設に限らず民間施設や病院、避難所までも攻撃し、国際法違反の無差別攻撃になっています。また、非人道的な燃料気化爆弾やクラスター爆弾を使用したと報道されています。さらに、ロシア… 

米国が支援する自爆ドローン「スイッチブレード」の威力

3月16日、バイデン米大統領はドローン提供などウクライナへの追加支援を発表しました。この件に詳しい情報筋よると、エアロバイロメント(AeroVironment)製のスイッチブレード(Switchblade®)ドローンを提… 

ウクライナ難民300万人超え、難民の受け入れと制度の拡充を

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は、ウクライナで緊急事態最高レベルの3を宣言しています。ロシアによるウクライナ侵略以降、周辺国への難民は300万人(最新情報)を超えて、さらに増加しています。日本政府は「日本はウクラ… 

最も命中率が高い携帯型地対空ミサイル「スティンガー」

これまでに米国などの北大西洋条約機構(NATO)加盟国は、歩兵携行式対戦車ミサイル1万7,000基と、携帯型地対空ミサイル「スティンガー」2,000基などをウクライナに輸送しています。ロシアのウクライナ軍事侵攻が始まって… 

バイデン大統領は一般教書演説で「独裁者の侵略に代償を」訴える

3月1日、米国のバイデン大統領は、米連邦議会の上下両院合同本会議で就任後初めてとなる一般教書演説をしました。ロシアによるウクライナ侵攻についてプーチン大統領を厳しく非難し、「ロシアの独裁者による外国の侵略行為は、世界中で… 

2022年ロシアのウクライナ侵攻に対する国際社会の反応(141カ国が侵略を非難)

ロシアによるウクライナ軍事侵攻(2022年ロシアのウクライナ侵攻)に対して、世界各国から様々なロシア(およびロシアに協力するベラルーシ)に対する制裁が拡大しています。また、国連総会では今世紀初の第11回緊急特別会合が開か… 

2022年ロシアのウクライナ侵攻と中世に遡る宇露関係

2022年ロシアのウクライナ侵攻は、2022年2月24日に開始したロシアによるウクライナへの全面侵攻です。攻撃は、ウクライナ国境周辺への長期にわたる軍事力の増強、ロシアによるドネツク人民共和国とルガンスク人民共和国の国家…