ロシアの対トルコ経済制裁と依存度データ

Turkey - FDI inflows by source country / Knoema
Turkey – FDI inflows by source country / Knoema

11月24日にトルコ・シリア国境付近でロシア軍爆撃機撃墜事件が起きました。ロシアはこれに対して経済制裁による報復に出ています。

ロシアは、トルコからの主要な輸入農産品であるトマトやかんきつ類、鶏肉などの輸入を来年1月から禁止。また、両国の政府間で行われてきた貿易や投資、学術や文化協力に関する協議を停止すると発表しています。

直接投資(FDI:Foreign Direct Investment)は、企業による長期の海外投資、国際間資本移動のことですが、ロシアはトルコに対してドイツ(18.3%)に次ぐ第2位の投資国(9.5%)になっています(円グラフ参照)

2014年にトルコを訪れた外国人旅行客のうち、12%はロシアからの旅行客、年々増加して国別ではドイツに次ぐ約448万人でした。これらの旅行者がトルコ国内で使った金額は、およそ40億ドルとされます(下記グラフ参照)

ロシアとトルコは、経済的な依存度が高い国同士です。ロシアとトルコの貿易、旅行、投資、今回の輸入禁止産品のデータと、直感的にわかるグラフ化したものが サイトで公開(Knoema.com)されています。

トルコが IS から石油密輸、ロシア国防省が説明

Media briefing “Russian Federation Armed Forces fighting against international terrorism. New data” / eng.mil.ru
Media briefing “Russian Federation Armed Forces fighting against international terrorism. New data” / eng.mil.ru

12月2日、ロシア国防省は、トルコのエルドアン大統領や一族が、シリア、イラク国内のダーイシュ(IS)支配地域から、石油を違法に密輸入して利益を得ている証拠があると明らかにしました。

ロシア側は、IS支配地域からトルコへの石油の輸送には主に3つのルートを特定しているとして、地図と衛星画像を示しながら説明しています。

シリア・イラク国内のダーイシュ(IS)が管理する石油関連設備で、タンクローリーの車列が、石油を積み込む様子を収めたとする衛星画像を紹介。また、ロシア国防省は、トルコに石油を密輸する同一の犯罪組織網が、ISに武器や機器、訓練を提供していると訴えました。
さらに、ロシア空軍の空爆作戦で、ISの石油生産、精製、販売能力に非常に大きな打撃を加えたとの認識も示しました。

ただ、エルドアン氏や一族の関与を直接裏付ける証拠への言及はありませんでした。エルドアン氏は、疑惑を強く否定しています。