ハーバード大学博物館のアイヌ民族

ハーバード大学博物館の中にアイヌ民族についての展示を見つけました。アイヌ民族の衣装や木彫りの舟、使用していた道具、日用品などでした。 1990年当時、日本はアイヌを先住民族として認めておらず、日本国内では、アイヌ文化は「… 続きを読む »

ハーバード大学博物館の展示

1990年当時は、薄暗い照明で決して奇麗とはいえない展示、いかにも学術的?といわれるようなごちゃごちゃした内部でした(^^) ハーバード大学博物館内の写真です。サムネイル画像をクリックすると、大きな画像で見ることができま… 続きを読む »

Harvard University

ハーバード大学内には、面白い美術館と博物館があると聞いてやってきました。 ケンブリッジは、ボストン中心部のビル街とは違い、明るい学生街の雰囲気を感じました。 世界大学ランキングで常に一位となっている大学なので、どんなとこ… 続きを読む »

ボストン美術館

どうしてもここに行かなくてはと思い、ボストン美術館には二日間通いました(^^) 最初の日は、世界有数の規模と多様なコレクション、所蔵品の多さに圧倒されてしまい、朝から夕方まで歩き廻り疲れてしまいました(^^) 日本のコレ… 続きを読む »

パソコン通信からインターネットへ

パソコン通信 Delphi 事務室の壁は、連絡表やパンフレット、ハガキ、雑誌や新聞の切り抜きで隙間がなくなっていました(^^) この親しみやすい雑然とした風景が、データだけではない人とのコミュニケーションには欠かせないよ… 続きを読む »

パソコン通信サービスDELPHI

ボストンのレンガ造りの街並みが、青い空と見事にマッチ、油絵を見ているような美しいコントラストで、すごく新鮮に見えました。 まず電柱、電線がないこと、樹木との調和、そして広告看板などが目立たず、歩いていても街並みの景観を大… 続きを読む »

DECの栄光と足跡

ボストンのホテルから車で約一時間、メイナード(紡績工場)にあるレンガ造りのDEC本社に到着。リムジンに乗ったのは生まれて初めてでした。 当時の第五世代コンピュータ(通商産業省=現経済産業省が1982年に立ち上げた国家プロ… 続きを読む »

Digital Equipment Corporation (DEC)

DECを一躍一流企業にした1965年に登場したベストセラー/ミニコンピュータ(PDP−8)です。 DECは、1957年にKen Olsen(ケン・オルセン)ら三人で、マサチューセッツ州メイナードに広がった工場(紡績工場)… 続きを読む »

コネクションマシン

コネクションマシンは、MITで考案されたもので、Danny Hillis によるノイマン型コンピュータの代替となるアーキテクチャーの研究から、演算処理のスピードを上げるため、65,536個のプロセッサをキューブ型に接続し… 続きを読む »

未来の電子新聞

メディアラボの中には、当時の最新ワークステーションがズラリと並んでいたのですが、内部はオープン性と自由な雰囲気を感じました。 アイデアや発想を助ける(笑)プテラノドンらしき恐竜も吊るされていますね(^^) メディアラボが… 続きを読む »