村上龍

Piercing

殺人衝動を持つ男と自殺願望を持つ女の映画「ピアッシング」

村上龍の1976年デビュー作「限りなく透明に近いブルー」は、第19回群像新人文学賞を受賞、第75回芥川賞を受賞しています。フラットな表現でセックスや暴力が描かれ、今までとは違う動揺と衝撃を受けた小説でした。映画「ピアッシ…