イエメンの内戦でコレラ感染が急拡大へ

イエメン:内戦とコレラ―アブス病院の日常 / MSF(YouTube)

2015年から始まったイエメンの内戦が激しくなる中で、コレラの感染が急拡大しています。

イエメンのMSFオペレーション・マネージャーを務めるガブリエル・サンチェス氏は、「北西部のハッジャ州アブスで劣悪な衛生状態と清潔な飲料水の不足を目のあたりにしています。これらはコレラ大流行の主な原因であることは明らかです。
給排水と衛生はコレラ発生以前も問題でしたが、今では喫緊の課題となっています。今行動しなければ、今後数週間から数ヵ月間でさらに大規模な人道危機に発展するでしょう」と警鐘を鳴らしています。

「国境なき医師団」のイエメンの現地責任者として、6月まで対応にあたってきた村田慎二郎さんは、急激に増える患者に対して、医療スタッフの数が追いついておらず、治療を受ける前に亡くなってしまう患者も少なくないと説明しました。

また、NGOが各地に設けた施設も攻撃を受けたことを明らかにしたうえで、「人道援助機関がスムーズかつ安全に援助活動ができる環境を整えてほしい」と述べ、円滑に治療ができるよう内戦の当事者や介入している国々に対して、国際社会としての働きかけを求めました。

動画は、コレラの専門治療センターの建て方【国境なき医師団】です。現場に到着してから3日以内の開設が期待されているそうです。

国境なき医師団の「病院を撃つな!」キャンペーン

「病院を撃つな!」キャンペーン / 国境なき医師団
「病院を撃つな!」キャンペーン / 国境なき医師団

2016年5月3日の国連安全保障理事会では、紛争下での病院、医療・人道援助活動従事者、傷病者への攻撃を強く非難し、そうした事態に対しては迅速で公正な調査を求める決議が全会一致で採択されました。

この決議作成には、日本も提案5ヵ国のひとつとして加わっています。この国連安保理決議が机上の空論に終わり、医療施設への攻撃が常態化することがあってはなりません。

私たちの「病院を撃つな!」キャンペーン(写真展/オンライン署名活動)に、皆さまからのご支援・ご協力をお願いいたします(国境なき医師団)

10月1日(土)から5日(水)まで、東京タワーホールにて、写真展「国境なき医師団”紛争地のいま”」を開催しました。アフガニスタンのみならず、シリア、イエメンや南スーダンなど、世界各地で繰り返しおきている病院爆撃の実態や、そんな中でも続く、人びとの生活の様子を感じていただくため、リアルな映像と写真でお伝えする写真展です。この写真展を、東京のみでなく全国へと展開していきたいと考えています。

このプロジェクト(A-port)では、目標到達に関わらず、2017年01月11日23:59までに集まった金額がファンディングされます。目標額500万円に対して127万円が集まっています。応援します!