89歳の求職広告「退屈で死にそうな私を助けて!」

89-year-old looking for work because he's 'dying of boredom'
89-year-old looking for work because he’s ‘dying of boredom’

英サウス・デボン在住の89歳の退役軍人、ジョー・バートレー(Joe Bartley)さんが、地元紙に出した求職広告が話題となっています。

「退屈で死にそうな私を助けて!」と訴えるキャチフレーズは、確かにインパクトありますね(^^)

バートレーさんが新聞広告を出したのは11月16日ですが、それ以来、電話が鳴り止まず、テレビやネットでの取材依頼が続き、遠くはスウェーデンからの取材もあったということです。実際に2件の採用の申し出もあったということです。

Pensioner Joe Bartley took out an ad in the local paper. / swns.com
Pensioner Joe Bartley took out an ad in the local paper. / swns.com

求職広告の内容は、
—–
高齢者、89歳、ペイントン地区での職を求む。週20時間以上。清掃や、簡単な庭仕事、日曜大工、その他いろいろ出来ます。老兵、空挺(くうてい)部隊出身。「退屈で死にそうな私を助けて!」
—–
バートレーさんは約2年前に妻のカサンドラさんを亡くして以来、1人で暮らしています。「家の中に入ると、独房に足を踏み入れたような気がする。話し相手が誰もいなくて」子どもはおらず、カサンドラさんの親族と定期に連絡を取ることはないが、求職広告がメディアで取り上げられたおかげで、旧友の何人かとは再び連絡がついたということです。

似たような境遇の退職者にアドバイスはと尋ねると、「ただそこに座って退屈なんてしてないで、何かに挑戦してみよう」という答えが返ってきたそうです(CNNインタビューから)

日本においても高齢化が進み、一人暮らしのお年寄りも多いと思います。世界に共通する高齢者問題にバートレーさんの発した「求職広告」は素晴らしい挑戦とアイデアのように思います(^^)

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のこと。


伊坂重孝 著書「クラス名簿がとどいて」

伊坂重孝 著作「クラス名簿がとどいて」
伊坂重孝 クラス名簿がとどいて / 三月書房

伊坂重孝(いさか しげたか, 1923年札幌生まれ)氏が、7月22日、急性呼吸不全により亡くなりました。満93歳でした。ご冥福をお祈りいたします。

元札幌テレビ放送(STV)社長の伊坂さんの「人となり」が良く分かるのは、1992年(古稀)の著書「クラス名簿がとどいて」のように思います。
著書の中で「ある青春」と題して、絵を描く魅力に惹かれていく自身を素直に語っています。以下は引用です。

学生時代は絵や彫刻を見るのが好きだったが、自分では描かなかった。描くとなると照れくさく億劫、始めてみると病みつきに・・・。
昭和24年に道展初入選、25年に人物2点が入選して、市長賞を受けた。望外の喜びだった。裸婦クロッキーの味を覚え、道展クラブには「裸の女の魅力にひかれて顔を出したのが本音・・・」と語っています。

裸婦の作品は何点かが売れた、裸婦の作品は意外に換金性があり、新たな注文がくることもあった。若い画家たちや会社の仲間たちとも良く飲んだ。ここに私の青春があった・・・。

葬儀の祭壇には自身の作品が展示され、「病床においても絵筆を握っていた」と、施主の伊坂重春さんが語っていました。優れた経営者として、また北海道教育委員や、社団法人日本民間放送連盟副会長、北海道文化財保護協会副会長、財団法人アイヌ無形文化伝承保存会理事など、多くの公職にも就かれていましたが、いつも根底にはクリエイター伊坂重孝がいたように思います。

天国では青春時代と変わらぬ好奇心で、思い切り自由に絵を描いていることと思います。

モエレ山(2012年8月)/ Wikipedia
モエレ山(2012年8月)/ Wikipedia

青春とは人生の一時期のことではなく心のあり方のこと。