Passwordは、おかしな文字列より長く覚えやすいフレーズに(NIST)

A Wikipedia sign in form requesting a username and password / Wikipedia

米国の業界規格設定を手掛ける国立標準技術研究所(NIST)の「NISTスペシャルパブリケーション 800-63」は、今年6月に全面改定され、パスワードに関する指令の最悪の部分は捨て去られました。改定には2年かかり、作業を担当したNISTのポール・グラッシ氏によれば、改定は当初、簡単な編集で終わると考えられていたそうです。

2003年に作成された8ページの文書には、インターネットで使うアカウントを守る方法として、パスワードに記号や大文字や数字を盛り込み、定期的に変更するよう勧めていました。

いま世界に広まりつつある改定版には、パスワード期限のアドバイスはなく、特殊文字(記号)を必須条件にしていません。これらの規則はセキュリティーにほとんど役立たず、「使い勝手に悪影響を与えた」とグラッシ氏は述べています。

今では、おかしな文字列より長く覚えやすいフレーズの方が支持されています。さらに NISTによると「ユーザーがパスワードを変更すべきなのは、盗まれた兆候があった時だけです」と述べています。

パスワード研究者らによると、単語を4つ並べたパスワードの方が、それより短い奇妙な文字の寄せ集めよりもハッカーには破りにくいと言います。文字数が多い方が、それより少ない文字・記号・数字を並べたものより難しくなるためと述べています。

二段階認証など認証の多様化が進んではいますが、悩まされる事も多いパスワードの設定です。覚えやすい長い文字列、例えば自身が感動したフレーズ「love is love is love is love is love is love cannot be killed or swept aside.」なども良いかも知れません(^^)

NIST Advanced Measurement Laboratory (AML) building Gaitherburg, MD. / Wikipedia

パスワード管理に関する有名な冊子(NIST Special Publication 800-63)の執筆者ビル・バー氏(72)は、あれは失敗作だったと告白しています。

Amazon Robotics Challenge 2017は ARCV(オーストラリア)が制す

名古屋開催の 2017年アマゾン・ロボティクス・チャレンジ(Amazon Robotics Challenge 2017)で、オーストラリア・ロボティック・ビジョン・センター(ARCV)が上位8チームの決勝(7/30日)を制して8万ドル(約880万円)を獲得しました。

ARCVは、オーストラリアの4大学が参画している研究拠点 Australian Centre for Robotic Vision の研究者と学生達で結成するチームです。2016年の商品仕分けロボットコンテスト(Amazon Picking Challenge 2016)では6位でした。

The Australian Centre for Robotic Vision (ACRV) Team / Facebook

優勝した ARCVは、いま主流のアームロボット型ではなく、2万4千ドル(約264万円)という安価なカスタムロボット(Cartman)を設計製作。画像認識と機械学習のオリジナル方式を開発して、雑然とした環境下でもピック&プレイスのタスクがこなせるとしています。

Results: ROBOTICS CHALLENGE JULY 27-30, 2017

世界各国から16チーム(下記)が参加しました。2位はドイツのボン大学、3位はシンガポールの南洋理工大学。日本勢では初参加の NAIST-Panasonicが6位でした。世界の大学ロボットコンテストのようになってますね(^^)

  • MC^2: 三菱電機、中部大学、中京大学
  • NAIST-Panasonic: 奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック
  • Team T2: 鳥取大学、東芝
  • Team K: 東京大学
  • MIT-Princeton: マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学
  • Team Duke: デューク大学
  • PLAID: カーネギーメロン大学
  • GMU-Negev: ジョージメイソン大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学
  • ACRV: クイーンズランド工科大学
  • IITK-TCS: インド工科大学カーンプル校、タタ・コンサルタンシーサービシズ
  • TKU M-Bot: 淡江大学
  • Nanyang: 南洋理工大学
  • NimbRo Picking: ボン大学
  • UJI RobInLab: ジャウメ1世大学
  • Applied Robotics: スマートロボティクス、シドニー大学
  • IFL PiRo: カールスルーエ工科大学、ヘルムートシュミット大学