画期的なルーク・アームと安価な3Dプリンティング義手

Veterans Receive DARPA’s LUKE Arm

6月30日、ニューヨークの退役軍人病院で近未来的な義肢の実演会が行われました。

ルーク・アーム(LUKE Arm)は、映画「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーが装着した義手サイバネティクス)に因んでいます。

2016年5月にワシントンで初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできます。

国防高等研究計画局(DARPA)と共にルーク・アームの開発に携わってきた米企業は、価格は10万ドル(約1,100万円)前後になるだろうとの見方を示しています。実演会に参加した、40年前に左腕を失った退役軍人のフレッド・ダウンズさん(72)は、物を持ち上げることができたときに涙をこらえたのを覚えていると語っています。

Enabling The Future / e-NABLE

一方の3Dプリンティング義手(写真)では、公式サイト(Enabling The Future)で、誰でも手軽に製作できる義手の作り方や、さまざまなタイプのデザイン(CADデータを含め)などの情報を公開しています。病気や事故などで手や腕を失った子ども達のために、基本的な知識と機材があれば、3Dプリンティングを使って義手を安価に製作できます。

子どもの成長に合わせたオリジナルの義手が製作できて、なおかつ単純な材料費では僅か20~50ドル(3〜6,000円)で作れるようにしています。ニューヨークのりばてぃさんが記事にしています。

DARPAのルーク・アームは最先端テクノロジーによる開発。一方の3Dプリンティング義手は、オープンデータによって安価にしたイノベーション。共通するのは「人に優しいテクノロジー」「障害者の自立」を追求しています。人を笑顔に前向きにする素晴らしいイノベーションです。

エアバス(Airbus)がデザインする空飛ぶ車「Vahana」

Vahana – Future of Urban Air Mobility

民間航空機メーカーのエアバス(Airbus)がデザインする、空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されています。

デザインコンセプトは、人が日常的に利用したくなる魅力を備えた、パーソナルユースの自律型空飛ぶ車(Flying Car)です。動画を観るとクールなデザイン(^^)

前と後ろのティルトウィングに、それぞれ4個の電気モーター駆動プロペラを配して、垂直離着陸と水平飛行を行ないます。

Vahanaの翼や舵面、着陸装置をはじめとする機体については、既存の技術を中心として「組み立て」られています。エアバスは、現在試作機用のパーツを開発しており、目標は飛行距離80km、最高速度は時速225kmということです。

この Vahanaには、自律飛行を可能とするレーダー(Radar)、ライダー(LIDAR)などのセンサーやカメラ、GPS、AIコンピュータなどを搭載して、周囲の環境や鳥、他の飛行物体などを検知しながら自律飛行します。エアバスは2017年の終わりまでに、50Km圏を飛行可能な最初の試作機をテスト飛行させる予定です。

空飛ぶタクシー計画では、ドバイで7月にもドローン方式で開始される予定です。空飛ぶ車(Flying Car)の開発競争は、スタートアップが中心ですが、エアバス社に蓄積された航空機メーカー技術も注目されます。

Vahana – Future of Urban Air Mobility from Vahana on Vimeo.