観るのが楽しみな未来映画「ブレードランナー2049」

Blade Runner 2049 (2017) / IMDb

映画ブレードランナー2049(Blade Runner 2049)は、米国の2017年公開SF映画です。1982年公開の映画ブレードランナーの続編で、前作の主演ハリソン・フォードが同じリック・デッカード役で出演すします。また、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮に回り、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督しています。

映画ブレードランナーは「環境破壊により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ大都市での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発されたレプリカントと呼ばれる人造人間が、過酷な奴隷労働に従事していた。
しかし、レプリカントには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻すような事件が多発する。レプリカントを開発したタイレル社によって安全装置として4年の寿命が与えられたが、人間社会に紛れ込もうとするレプリカントが後を絶たず、「解任」する任務を負うのが専任捜査官ブレードランナーであった」(Wikipediaから)

初めてブレードランナーを観たときは、環境汚染にまみれた退廃的近未来都市像(2019年)の設定と、斬新な映像描写とデザインに魅せられ、人造人間レプリカントの悲しい運命も心に残っています。

2017年の現在、ロボットや人工知能(AI)が進展、環境破壊なども進み現実感をもって来ました。レプリカントも想像の世界ではなくなりつつあります。「人間性とは何か」を、この未来映画がどのように描いているのか観るのが楽しみです。

YouTube再生リストは、ブレードランナー2022(渡辺信一郎監督による前奏アニメ)、2036、2048、2049(日本語予告)、そして映画評論家 町山智浩の試写会感想の5本です。

米アカデミー賞の脚本賞受賞作「her」の魅力

her(邦題:世界にひとつの彼女)
her(邦題:世界でひとつの彼女)/ Facebook

映画 her(邦題:her/世界でひとつの彼女)は、スパイク・ジョーンズ監督・脚本による2013年の米国のSF恋愛映画です。

コンピュータのAI(人工知能)に恋をする男を描いた物語です。第85回ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞の作品賞、監督賞を受賞。また第8回ローマ映画祭では、人工知能サマンサの声だけの出演でスカーレット・ヨハンソンが最優秀女優賞を受賞。ゴールデングローブ賞では脚本賞を受賞しています。

2014年のアカデミー賞では5部門にノミネートされ、脚本賞を受賞しています。
最近は映画の「オリジナル性やストーリーが出尽くした」などと言われますが、技術革新が進む時代背景を洞察しながら、人間の心が求めている普遍性を描き出す作品として高く評価されているようです。

2013 Rome Film Festival
左からルーニー・マーラ、スパイク・ジョーンズ、スカーレット・ヨハンソン、ホアキン・フェニックス / 2013 Rome Film Festival(Facebook)

ヨハンソンのセクシーで抜群の演技力も聞きものですね(笑)これまで数多くあった人工知能コンピュータが登場する映画とは一線を画しているようですね(^^)

音楽ジャーナリスト沢田太陽の海外エンタメ専門ブログ(THE MAINSTREAM)で、この映画「her」を取り上げ、画期的で映画の未来をも作っているほどの意欲作と評しています。
6月28日全国公開、面白そうですね(^^)

intelとVICEのクリエイターズ・プロジェクト(The Creators Project)で、この映画「her」を基に現代の恋愛事情を特集しています。興味深い内容の動画(日本語字幕付)です。