観るのが楽しみな未来映画「ブレードランナー2049」

Blade Runner 2049 (2017) / IMDb

映画ブレードランナー2049(Blade Runner 2049)は、米国の2017年公開SF映画です。1982年公開の映画ブレードランナーの続編で、前作の主演ハリソン・フォードが同じリック・デッカード役で出演すします。また、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮に回り、ドゥニ・ヴィルヌーヴが監督しています。

映画ブレードランナーは「環境破壊により人類の大半は宇宙に移住し、地球に残った人々は人口過密の高層ビル群が立ち並ぶ大都市での生活を強いられていた。宇宙開拓の前線では遺伝子工学により開発されたレプリカントと呼ばれる人造人間が、過酷な奴隷労働に従事していた。
しかし、レプリカントには製造から数年経つと感情が芽生え、主人たる人間に反旗を翻すような事件が多発する。レプリカントを開発したタイレル社によって安全装置として4年の寿命が与えられたが、人間社会に紛れ込もうとするレプリカントが後を絶たず、「解任」する任務を負うのが専任捜査官ブレードランナーであった」(Wikipediaから)

初めてブレードランナーを観たときは、環境汚染にまみれた退廃的近未来都市像(2019年)の設定と、斬新な映像描写とデザインに魅せられ、人造人間レプリカントの悲しい運命も心に残っています。

2017年の現在、ロボットや人工知能(AI)が進展、環境破壊なども進み現実感をもって来ました。レプリカントも想像の世界ではなくなりつつあります。「人間性とは何か」を、この未来映画がどのように描いているのか観るのが楽しみです。

YouTube再生リストは、ブレードランナー2022(渡辺信一郎監督による前奏アニメ)、2036、2048、2049(日本語予告)、そして映画評論家 町山智浩の試写会感想の5本です。

拡張現実の未来を描くSF: Strange Beasts(奇妙な獣たち)

Strange Beasts / Magali Barbé

拡張現実(AR)や複合現実(MR)の未来は、ゲームや疑似体験の世界だけなのでしょうか?

主人公の男性が複合現実世界を構築するツールで、奇妙な獣のような仮想ペットを創り出して遊びます。

また、主人公のライブラリーに存在する一人の少女(Anna)も、奇妙な海洋生物を生み出していつも遊んでいます。

ところで、この幼い少女(Anna)の存在は・・・?

私たちの夢の中や想像したもの、あるいは大切な記憶や思い出を再現(構築)するツールとして拡張現実(AR)が発展するのかもしれません。

制作したのはロンドンをベースにして活動、アニメーションや Maya,Nuke,After effectなど、CG全般にスキルをもっている Writer/Director/Previs Artistの Magali Barbeさんです。

I have previously worked is places such as: The Third Floor, Passion Pictures, Framestore, The Mill.

Strange Beasts from Magali Barbé on Vimeo.

素晴らしいショートフィルム World Builder