エアバス(Airbus)がデザインする空飛ぶ車「Vahana」

Vahana – Future of Urban Air Mobility

民間航空機メーカーのエアバス(Airbus)がデザインする、空飛ぶ車「Vahana」のコンセプト動画が公開されています。

デザインコンセプトは、人が日常的に利用したくなる魅力を備えた、パーソナルユースの自律型空飛ぶ車(Flying Car)です。動画を観るとクールなデザイン(^^)

前と後ろのティルトウィングに、それぞれ4個の電気モーター駆動プロペラを配して、垂直離着陸と水平飛行を行ないます。

Vahanaの翼や舵面、着陸装置をはじめとする機体については、既存の技術を中心として「組み立て」られています。エアバスは、現在試作機用のパーツを開発しており、目標は飛行距離80km、最高速度は時速225kmということです。

この Vahanaには、自律飛行を可能とするレーダー(Radar)、ライダー(LIDAR)などのセンサーやカメラ、GPS、AIコンピュータなどを搭載して、周囲の環境や鳥、他の飛行物体などを検知しながら自律飛行します。エアバスは2017年の終わりまでに、50Km圏を飛行可能な最初の試作機をテスト飛行させる予定です。

空飛ぶタクシー計画では、ドバイで7月にもドローン方式で開始される予定です。空飛ぶ車(Flying Car)の開発競争は、スタートアップが中心ですが、エアバス社に蓄積された航空機メーカー技術も注目されます。

Vahana – Future of Urban Air Mobility from Vahana on Vimeo.

楽しい空飛ぶ車(Flying Car)がやってくる。

See Google co-founder Larry Page’s ‘flying car…

スタートアップのキティホーク(Kitty Hawk Corporation)が、操縦免許を必要としない超軽量パーソナルユースの空飛ぶ車(Kitty Hawk Flyer)を発表しました。

サンフランシスコ近郊の湖でプロトタイプ機の飛行動画が公開されました。消費者向けバージョンについては2017年末までに発売されます。
価格は公表されていませんが、100ドルで会員登録をすると優先権が得られ、製品が2,000ドル割引されるとしています。

同社CEOのセバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)氏は、かつてGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げた人物で、アルファベットの CEOラリー・ペイジ(Larry Page)氏の支援を受けています。

ドローン方式パーソナルユースの「空飛ぶ車」の分野では、航空機メーカーのエアバス社や Uber、中国企業などが開発して、試作機や試験飛行も発表されています。これから、世界で多様な方式の「空飛ぶ車」が注目されそうです。

テクノロジーの進展や技術革新により実用化してきたパーソナルユースの「空飛ぶ車」の応用範囲は広く、当初はレジャー用途になりますが、過疎地域や水上/荒地の移動手段、災害時の活動にも威力を発揮しそうです。

ただし、ドローン(無人機)や自動運転車の導入と同様に、政府機関の規制や法律も議論になります。米国のみならず航空管制システムの高性能化の問題や、空の騒音問題、電池の問題などなども指摘されています。

  • flying car(Google画像検索) 楽しい「空飛ぶ車」画像の一覧(^^)
  • Roadable Times(Website) 空飛ぶ車、過去の面白いデザイン
  • Flying Car(Pinterest) ピンタレスト