楽しい空飛ぶ車(Flying Car)がやってくる。

See Google co-founder Larry Page’s ‘flying car…

スタートアップのキティホーク(Kitty Hawk Corporation)が、操縦免許を必要としない超軽量パーソナルユースの空飛ぶ車(Kitty Hawk Flyer)を発表しました。

サンフランシスコ近郊の湖でプロトタイプ機の飛行動画が公開されました。消費者向けバージョンについては2017年末までに発売されます。
価格は公表されていませんが、100ドルで会員登録をすると優先権が得られ、製品が2,000ドル割引されるとしています。

同社CEOのセバスチアン・スラン(Sebastian Thrun)氏は、かつてGoogleの自動運転車プロジェクトを立ち上げた人物で、アルファベットの CEOラリー・ペイジ(Larry Page)氏の支援を受けています。

ドローン方式パーソナルユースの「空飛ぶ車」の分野では、航空機メーカーのエアバス社や Uber、中国企業などが開発して、試作機や試験飛行も発表されています。これから、世界で多様な方式の「空飛ぶ車」が注目されそうです。

テクノロジーの進展や技術革新により実用化してきたパーソナルユースの「空飛ぶ車」の応用範囲は広く、当初はレジャー用途になりますが、過疎地域や水上/荒地の移動手段、災害時の活動にも威力を発揮しそうです。

ただし、ドローン(無人機)や自動運転車の導入と同様に、政府機関の規制や法律も議論になります。米国のみならず航空管制システムの高性能化の問題や、空の騒音問題、電池の問題などなども指摘されています。

  • flying car(Google画像検索) 楽しい「空飛ぶ車」画像の一覧(^^)
  • Roadable Times(Website) 空飛ぶ車、過去の面白いデザイン
  • Flying Car(Pinterest) ピンタレスト

世界初の電動垂直離着陸(VTOL)エアタクシー

The world’s first all-electric VTOL jet / The Lilium Jet

滑走路がいらず、空気抵抗が小さいので騒音も少なく、エネルギー効率も良い垂直離着陸機(VTOL機)が注目されています。

ドイツのスタートアップ Lilium Jetが、世界初となる電動ジェット垂直離着陸機(VTOL機)のテスト飛行に成功しました。

機体の翼に合計36(前12/後24)個の電動ジェットエンジンを搭載して、時速300Kmで航続距離300Kmを飛行できます。このプロトタイプ機は2人乗りですが、オンデマンドの5人乗りエアタクシーも設計しています。

空飛ぶタクシーとして、オンデマンドで自動操縦運行を目指していますが、大都市圏の高速移動に限らず、過疎地の移動手段として最適な移動形式だと思います。世界各国でも垂直離着陸タイプの移動手段を模索しています。

米国では DARPAで VTOL機の開発を推進しています。ドローン方式ですが、ドバイで自動操縦のドローン・タクシーを導入して、この夏にも試験運行が始まります。

日本のJAXA(航空技術)では、4発ティルト・ウィングVTOL機の飛行実験をしていますが、タクシー用途の小型垂直離着陸機(VTOL機)の開発を急いでほしいと思います。

  • The Lilium Jet News(Website) 5人乗りエアタクシーなど、機体デザインの変遷
  • Electric Jet Engines(Lilium Jet) 電動ジェットエンジンなどテクノロジーを説明

・Website: https://lilium.com/
・Facebook: https://facebook.com/LiliumAviation
・Twitter: https://twitter.com/Lilium
・Youtube: https://youtube.com/LiliumAviation