Googleデジタルワークショップのすすめ

デジタルマーケティング修了認定証を取得 / Google

Googleのデジタルワークショップは、検索の仕組みやソーシャルメディアの活用方法など、デジタルマーケティングの基礎を動画でわかりやすく学べます。
あなたのビジネスでインターネットを活用するヒントを見つけられます。最後まで無料で学習することができます。

WEBサイトや、ソーシャルメディアをはじめとするデジタルツールを活用している企業は、それらを活用していない企業に比べて、1人あたりの生産高が50%も高いことが Googleの調査(2016年)で明らかになっています。

少子高齢化が進む日本国民のITスキル向上は、生産性を向上させ、社会保障費を抑制します。いま、最初から学習しています(^^) 独学の思い込みなどもあるようです。試験では「おや?」と思うこともあって、楽しく学習しています(笑) 受講をお薦めします。

Googleデジタルワークショップでは各種デジタルツールを使いこなし、デジタルマーケティングの活用ができる人材の育成支援として、オンラインツールやセミナーを通じたトレーニングを企業や個人向けに提供しています。2020年までに 50万人に受講して頂くことを目指しています。

日本の開業率が他国と比べて非常に低い水準が続いているのがデータ(下図)から見えます。なぜでしょうか? 日本が「世界デジタル競争力ランキングで 26位」と評価されるのも極めて妥当のように思います。

出典:経済産業省 中小企業白書 2014, 2001 – 2012 をもとに作成 / Google

イノベーションジャパンは、日本をもっと元気にするために Googleと自治体等が協力し、日本全国各地の中小企業のデジタル化を推進し情報発信を支援することで、地域経済を活性化し日本経済に貢献することを目指しています。

3 つのカテゴリで地域経済の活性化を目指す。/ innovationjapan.withgoogle.com

イエメンの内戦でコレラ感染が急拡大へ

イエメン:内戦とコレラ―アブス病院の日常 / MSF(YouTube)

2015年から始まったイエメンの内戦が激しくなる中で、コレラの感染が急拡大しています。

イエメンのMSFオペレーション・マネージャーを務めるガブリエル・サンチェス氏は、「北西部のハッジャ州アブスで劣悪な衛生状態と清潔な飲料水の不足を目のあたりにしています。これらはコレラ大流行の主な原因であることは明らかです。
給排水と衛生はコレラ発生以前も問題でしたが、今では喫緊の課題となっています。今行動しなければ、今後数週間から数ヵ月間でさらに大規模な人道危機に発展するでしょう」と警鐘を鳴らしています。

「国境なき医師団」のイエメンの現地責任者として、6月まで対応にあたってきた村田慎二郎さんは、急激に増える患者に対して、医療スタッフの数が追いついておらず、治療を受ける前に亡くなってしまう患者も少なくないと説明しました。

また、NGOが各地に設けた施設も攻撃を受けたことを明らかにしたうえで、「人道援助機関がスムーズかつ安全に援助活動ができる環境を整えてほしい」と述べ、円滑に治療ができるよう内戦の当事者や介入している国々に対して、国際社会としての働きかけを求めました。

動画は、コレラの専門治療センターの建て方【国境なき医師団】です。現場に到着してから3日以内の開設が期待されているそうです。