ドバイで自動操縦のドローン・タクシー導入へ

Ehang 184 AAV / EHANG, Inc.

アラブ首長国連邦(UAE)のドバイ市は、実際に乗客を空輸する新しいドローン・システムを、早ければこの7月にもスタートさせるようです。

ドバイの道路運輸局は同市で開催された World Government Summitカンファレンスで「空飛ぶタクシー」の計画を明らかにしました。ドバイ市は一定のルートに沿って乗客を空輸するサービスをスタート、機体は Ehang 184という電気モーター利用のドローン・クアドコプターです。

Ehang 184は、乗客定員1名、最大重量は100kgのドローンで、平均速度は時速60km、1回の充電で約50km飛べます。すべてのドローンは、ドバイ市のコマンドセンターから集中管理され、すでにテスト飛行を開始しているというので、単なる話題作りのプロジェクトではないようです。

Ehang 184 / EHANG, Inc.

UAEは、ドバイ国際博覧会(Expo 2020 Dubai)に向けて、初の商用ハイパーループ輸送システムをドバイ-アブダビ間に建設することを2016年11月8日に発表しています。ドバイの先進的な交通輸送システムも面白そうです(^^)

この自動操縦の「空飛ぶタクシー」ですが、先進的な輸送システムとして大都市圏に相応しいと考えがちです。しかし、そのラストワンマイル機能や無人の自動操縦機能に着目すると、日本の人口減少・少子高齢社会対策でもある連携中枢都市圏構想などに必要な輸送システムのように思います。

無人の輸送システムは、医療や福祉、公共サービス、生活支援を提供する人に優しい社会システムとして、高齢化が進む日本こそ積極的な規制緩和と研究開発を進めるべきだと思います。


ロボットカー(自動運転車)は優しい高齢化社会へ


話題のミュージカル映画ラ・ラ・ランド(La La Land)

Ryan Gosling and Emma Stone in La La Land (2016) / IMDb

映画ラ・ラ・ランド(La La Land)は、2016年12月に米国で公開されたミュージカル映画です。脚本、監督は注目のデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングエマ・ストーンが務めます。第73回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品として上映されました。

この映画、ゴールデン・グローブ賞歴代最多の7部門受賞。そして、アカデミー賞史上最多の作品賞ほか14ノミネートされている話題作です。2月12日に開催された第70回英国アカデミー賞では、「ラ・ラ・ランド」が作品賞、エマ・ストーンが主演女優賞など最多5冠を果たしました。

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをします。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人でしたが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていきます。売れない女優とジャズピアニストの恋を、ゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描いています。

1月27日にデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが来日しました。
ジャパンプレミアでデイミアン監督は、「エマがブロードウェイでミュージカルをやっている時に出会い、今回ライアンとエマという素晴らしい二人をュージカルで共演させることができてすごく嬉しかった。エマのおかげで、普段ミュージカルを観ない人にも観てもらえるような作品になった」 また、「黒澤明監督作品や溝口健二監督作品など、日本の素晴らしい映画監督たちからいろんなことを教わりました。そんな日本で自分の作品を紹介出来ることを大変嬉しく思っています」と、語っています。