モバイルのAIリアルタイム画像処理AIMATTERをGoogleが買収

HAIR COLOR CHANGE / AIMATTER

モバイルのAIリアルタイム画像処理スタートアップの AIMATTERをGoogleが買収しました。

ベラルーシを本拠としている AIMATTERの自撮り画像処理アプリ「FABBY」は、AIによって色調の調整や、カラー、マスク、背景、メイクアップのデザインとなどの画像処理ができます。また「FABBY LOOK」では、ヘアーカラーを瞬時に切替えることができます。

デモ動画の左が「FABBY」、右が「FABBY LOOK」です。

AIMATTERサイトには、「世界最速のモバイルAIリアルタイム画像処理」としており、オープンソースのディープラーニングライブラリ CaffeTensorFlowよりも3倍以上速いと記されています。

モバイル環境下での機械学習(AI)によるリアルタイム画像処理などでは、クラウド環境のAI画像処理とは異なるプログラムの最適化設計を必要とされているようです(^^)

We’re excited to announce that the team is joining Google!(AIMATTER News)

  • AIMATTER(Website) Android/iOS版アプリあり

NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「 Cornell Tech 」

米ニューヨークのイーストリバーに浮かぶルーズベルト島に、NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「Cornell Tech」が、8月1日に一部オープンしました。すべての完成が2043年、その巨大ハイテク・キャンパスと、隣接した20世紀を代表する巨匠ルイス・カーンが最後に設計したフランクリン D ルーズベルト・フォー・フリーダム・パーク(Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park)を、ニューヨーク在住のりばてぃさんが特集記事として掲載しています。日本語メディアで、コーネル・テック内部の様子をお伝えするのは、たぶん、これが史上初、最速のレポートと述べています。興味深いですね(^^)

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

公園はルーズベルト大統領の「言論と表現の自由、礼拝の自由、欠乏からの自由と恐怖からの自由」の「四つの自由(1941年)」を表現しているそうです。りばてぃさんが「ニューヨークでは、都市再開発の際、まず素敵な公園づくりからはじめる傾向が極めて顕著。これは、コーネル・テックでも同様で、そのすぐ南側にどーんと公園作ってるんですよー。」と紹介しています。ニューヨークの公共政策として徹底されているようですが、創造力やクリエイティブを最重要視する21世紀においては、イノベーションと、テクノロジー、アート、クリエイティブは一体である必然を感じます。

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

NYC デジタルロードマップの進捗とイノベーション