Amazon Robotics Challenge 2017は ARCV(オーストラリア)が制す

名古屋開催の 2017年アマゾン・ロボティクス・チャレンジ(Amazon Robotics Challenge 2017)で、オーストラリア・ロボティック・ビジョン・センター(ARCV)が上位8チームの決勝(7/30日)を制して8万ドル(約880万円)を獲得しました。

ARCVは、オーストラリアの4大学が参画している研究拠点 Australian Centre for Robotic Vision の研究者と学生達で結成するチームです。2016年の商品仕分けロボットコンテスト(Amazon Picking Challenge 2016)では6位でした。

The Australian Centre for Robotic Vision (ACRV) Team / Facebook

優勝した ARCVは、いま主流のアームロボット型ではなく、2万4千ドル(約264万円)という安価なカスタムロボット(Cartman)を設計製作。画像認識と機械学習のオリジナル方式を開発して、雑然とした環境下でもピック&プレイスのタスクがこなせるとしています。

Results: ROBOTICS CHALLENGE JULY 27-30, 2017

世界各国から16チーム(下記)が参加しました。2位はドイツのボン大学、3位はシンガポールの南洋理工大学。日本勢では初参加の NAIST-Panasonicが6位でした。世界の大学ロボットコンテストのようになってますね(^^)

  • MC^2: 三菱電機、中部大学、中京大学
  • NAIST-Panasonic: 奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック
  • Team T2: 鳥取大学、東芝
  • Team K: 東京大学
  • MIT-Princeton: マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学
  • Team Duke: デューク大学
  • PLAID: カーネギーメロン大学
  • GMU-Negev: ジョージメイソン大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学
  • ACRV: クイーンズランド工科大学
  • IITK-TCS: インド工科大学カーンプル校、タタ・コンサルタンシーサービシズ
  • TKU M-Bot: 淡江大学
  • Nanyang: 南洋理工大学
  • NimbRo Picking: ボン大学
  • UJI RobInLab: ジャウメ1世大学
  • Applied Robotics: スマートロボティクス、シドニー大学
  • IFL PiRo: カールスルーエ工科大学、ヘルムートシュミット大学

注目されるAI分野のスタートアップ「Clarifai」

Artificial Intelligence: Why Diversity Matters | Matt Zeiler | TEDxYouth@Toronto

マシュー・ズィーラー(Matt Zeiler/Linkdin)氏は、2013年に機械学習(マシンラーニング)で博士号を取得してニューヨーク大学を卒業しました。その後、彼のもとには IT大手企業が続々とスカウトに訪れました。

Googleからの誘いを断り、数日後には Microsoftからオファーが来ました。Appleからの面談の誘いを受けシリコンバレーに飛んだ際には噂を聞きつけたマーク・ザッカーバーグが FacebookのAIチームに加わるように説得しました。

ズィーラー氏は各社からのオファーを丁重に断り、スタートアップを立ち上げます。「今から考えるとクレイジーな決断だったかもしれない」と彼は当時を振り返ります。しかし、ズィーラー氏の生み出した AIアルゴリズムは特定の領域では Googleを上回っていました。

それから4年、ニューヨーク本拠のスタートアップ「Clarifai」は、機械学習の領域で最も有望な企業として広く知られています。Clarifaiは画像や動画の認識ツールを開発者向けに提供し、この分野で Googleや Microsoftを競合と見据えています。

Clarifaiが直近で力を注ぐのは、大手が注力するクラウドのデータではなく、スマートフォンをベースとした画像のAI解析です。ディープラーニングを人々が肌身離さず携帯するスマートフォンから広げて行こうとする戦略は注目されています。