北朝鮮の軍事施設と精密誘導大型貫通爆弾(MOP)

B-52 爆撃機からの投下実験(GBU-57 MOP)/ Wikipedia

北朝鮮が日本の北海道上空を通過するミサイルを発射(8/29)した際、日本の住民は避難し、トランプ大統領は「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と述べています。

また、北朝鮮が2回目の水爆実験に成功(9/4)した後、トランプ大統領は、攻撃するのかと問われ「今に分かる」と答えています。

米国の軍事オプションとして「ピンポイント空爆」が有ります。写真は米空軍によって開発された30,000ポンド(約13,600kg)の「バンカーバスター」精密誘導爆弾(GBU-57 MOP)です。

この地中貫通爆弾は、湾岸戦争開戦後に地下深くに存在するイラク軍司令部を破壊する目的で特別に開発された GBU-28(5,000ポンド(約2,270kg)、貫通力30m)よりも、総重量、威力、貫通力(70m以上)ともに大きなものです。

B-52爆撃機やB-2ステルス戦略爆撃機に搭載され、爆弾はGPSによって誘導されて正確に目標地点に命中した後、直径80cmの弾体が地中に70m以上貫通、爆発するとされます。

米国が警告している軍事オプションとはどのようなものなのか? 米空軍と海軍は世界最先端の局所空爆、ピンポイント空爆の能力をもっていますが、ただ孤立して引きこもってきた北朝鮮に実際に使える選択肢は限られてもいるようです(BBC寄稿:ジャスティン・ブロンク氏)

ジャスティン・ブロンク(Justin Bronk)氏は、独立シンクタンク「英国王立防衛安全保障研究所RUSI)」の研究員。空軍戦闘力と技術が専門です。


北朝鮮の核実験場や軍事施設の場所などの情報です。

素敵な Mina Sakai(酒井美直)さん(AINU: Indigenous Peoples in Japan)

Mina Sakai / AINU: Indigenous Peoples in Japan

笑顔が素敵な Mina Sakai(酒井美直)さんは1983年帯広市生まれ。「美直」の読み方「ミナ」、アイヌ語で「笑う」です。

父親は、幕別町チロットコタンのアイヌ人。4歳のときからダンスを学び10歳頃よりアイヌの伝統舞踊を習っています。帯広北高等学校の1年生の時、カナダを訪れ先住民の人たちとの文化交流に参加しています。

Minaさんは、ゲーム音楽作曲家としても著名な浜渦正志さんと音楽ユニット IMERUAT(イメルア)を2011年に結成しています。イメルアとは十勝地方のアイヌ語で「稲光が光る」という意味があります。

現代音楽、テクノ、ポップ、民族音楽、エレクトロニカ、ピアノ連弾、ダンスのための楽曲など、ジャンルは多岐に渡り、映像制作やコンテンポラリーダンスなども主要なコンテンツとしています。ユニットとしてのジャンル分けは困難とされ、その音楽は日本語だけでなく、英語や Minaさんのルーツであるアイヌの伝統歌や楽器を用いた楽曲も存在します。

  • IMERUAT(Official Website) 10/15(帯広)から「JAPAN TOUR 2017」を開始します。
  • Mina Sakai(Official Website)

この YouTubeは、国連の「UN in Action」が配信(7/24)した動画(英語字幕)です。Minaさんが「新しい日本の多様性みたいものを感じてもらえたらいいな」と語っています。