若い発明家の発泡スチロールリサイクル計画(TED: Ashton Cofer)

Ashton Cofer: A young inventor’s plan to recycle Styrofoam

梱包用の詰め物から使い捨てのコーヒーカップまで、米国だけで毎年900万トンの発泡スチロールが生産されており、それは全く再利用されません。

この資源の無駄と溢れかえったごみ処理施設の現状に衝撃を受け、アシュトン・コーファー(Ashton Cofer)さんは、科学フェアのチームメートと共に、使用済みの発泡スチロールに熱処理を施して他の役立つ物質を造り出しました。

FIRST LEGOリーグの世界イノベーション賞と、Google科学フェアのアメリカ科学イノベーター賞(2016 Scientific American Innovator)を受賞した彼らのオリジナルデザインを見てみましょう。

Luke Clay, Julia Bray, Ashton Cofer / Google

Google Science Fair 2016でのプロジェクト名は「再利用フィルタで発泡スチロールゴミの削減を(プロジェクト:Styro-Filter)」です。

Lukeさん、Juliaさん、Ashton さん(14歳)の3人の学生は、発泡スチロールの90パーセントは炭素で構成されているため、この物質をコスト効果の高い方法で何か役立つものにできないかと知恵を絞りました。そして行きついたのが、汚染された水から汚染物質を除去することができる活性炭(カーボンフィルター)です。

資源ごみを効果的なフィルタにするためにさまざまな化学物質を何時間も試した結果、3人は埋立地からポリスチレンを大幅に削減し、汚染水を飲料水にできる活性炭の作成に成功しました。

人を惹きつける話し方(TED: Julian Treasure)

Julian Treasure: How to speak so that people want to listen

せっかく話しているのに、誰も話を聞いていない―そんな経験はありませんか?

そんなあなたに、ジュリアン・トレジャー(Julian Treasure)さんが救いの手を差し伸べます。
音の専門家 トレジャーさんが紹介するのは、簡単な声のエクスサイズから感情をこめて話すコツまで、「力強く話す」ためのハウ・ツーです。

トレジャーさんは、私たちが陥りがちな避けるべき「話者の七つの大罪」について語ります。人と話すときには、honesty(正直さ)、authenticity(素直さ)、integrity(誠実さ)、そして love(愛)。これはロマンチックな愛ではなく、皆の幸せを願う「愛」が大事ですとも述べています。

そして「何かを言うという時には、内容とともに伝え方も大事です。皆さんには「のど」というすごい楽器があるのですが、使いこなしている人は少数です」として、興味深い「声の性質」と「話し方」について解説しています。
重要な話をする前に実践的な「声の準備体操」を紹介、会場の皆さんと練習をしています(^^)

このTED Talks「人を惹きつける話し方」は、話すことがますます重要になっている時代を反映して TED人気ベスト11位になっています。