Google、機械学習に最適化した「Cloud TPU」を発表

Cloud TPU / Google

Googleは、年次開発者会議「Google I/O 2017」で、機械学習に最適化した第2世代の TensorFlow Processing Unit(TPU)と、それを用いたクラウドサービス「Cloud TPU」を発表しました。
サンダー・ピチャイ(Sundar Pichai)CEOは、「機械学習やAIの進化は、コンピュータアーキテクチャの見直しを迫っており、そのためにAIファーストデータセンターを構築している」、また「カスタムハードウェアのTPUは、CPUや GPUよりも15倍から30倍高速で、30倍から80倍も電力効率が高い」と述べています。

写真は1台の「Cloud TPU」ボードで、ここに4つのチップが搭載され、ボード1つあたり180テラフロップス(1秒間に180兆回の演算)の能力を備えています。データセンター内では、これを64台まとめた「TPU Pods」を構成し、このポッドあたり 11.5 ペタフロップス(1秒間に1.15京回の演算)の能力があると述べています。

A “TPU pod” built with 64 second-generation TPUs delivers up to 11.5 petaflops of machine learning acceleration.

理化学研究所のスーパーコンピュータ「京」は、1秒間に1京回の演算ができることから「京」と名付けられています。

Googleの Jeaf Dean氏によれば、「TPU Pods」の能力の8分の1を使って機械翻訳モデルの学習を処理したところ、「現在販売されている最速の GPUを32個使った場合に丸1日かかった処理が、TPUポッドでは同じ翻訳精度を保ったまま午後には処理が終了するようになった」と説明しています。

Google、モバイルから AI ファーストの世界へ(Sundar Pichai)


AI AlphaGo(アルファ碁)が世界最強のプロ棋士に挑む

AlphaGo / DeepMind

2016年3月にトップ棋士を破って囲碁界に衝撃を与えた人工知能 AlphaGo(アルファ碁)が、現在世界最強のプロ棋士と呼ばれる中国の柯潔(Ke Jie:カ・ケツ)九段と、5月23日~27日に中国の烏鎮(うちん)で開催される「Future of Go Summit」において対局します。

2017年1月に AlphaGo改良版(Master)は、正体を伏せたままネットでテストを行ないトップ棋士を相手に連戦連勝したのですが、これは AIのスピードを活かせる早碁でした。
今回のFuture of Goでの対局は伝統的な3局勝負であり、プロ棋士の頂点に対して AlphaGoの能力が試される対局になります。

柯潔氏は、AlphaGoがイ・セドル九段に勝利後に「自分ならば AlphaGoに勝てる」と発言していました。北京での記者会見で「対局は非常に光栄。AlphaGoは未来から訪れた対局相手とも呼ばれるが、必勝の気持ちを持っている」と述べています。

Google DeepMindのデニス・ハサビス(Demis Hassabis)氏は、「トップ棋士と AIの競演から学べることはまだ残っている。その可能性を追求するために、囲碁の発祥の地である中国で5日間にわたる囲碁と AIの祭典を開く」とブログで述べています。

Ke Jie [far right], along with Nie Weiping [next to Ke Jie], Fan Hui [standing] and Gu Li [far left], Google CEO Sundar Pichai during a visit he made to Nie Weiping’s Go school in Beijing last year./ Google