AI AlphaGo(アルファ碁)が世界最強のプロ棋士に挑む

AlphaGo / DeepMind

2016年3月にトップ棋士を破って囲碁界に衝撃を与えた人工知能 AlphaGo(アルファ碁)が、現在世界最強のプロ棋士と呼ばれる中国の柯潔(Ke Jie:カ・ケツ)九段と、5月23日~27日に中国の烏鎮(うちん)で開催される「Future of Go Summit」において対局します。

2017年1月に AlphaGo改良版(Master)は、正体を伏せたままネットでテストを行ないトップ棋士を相手に連戦連勝したのですが、これは AIのスピードを活かせる早碁でした。
今回のFuture of Goでの対局は伝統的な3局勝負であり、プロ棋士の頂点に対して AlphaGoの能力が試される対局になります。

柯潔氏は、AlphaGoがイ・セドル九段に勝利後に「自分ならば AlphaGoに勝てる」と発言していました。北京での記者会見で「対局は非常に光栄。AlphaGoは未来から訪れた対局相手とも呼ばれるが、必勝の気持ちを持っている」と述べています。

Google DeepMindのデニス・ハサビス(Demis Hassabis)氏は、「トップ棋士と AIの競演から学べることはまだ残っている。その可能性を追求するために、囲碁の発祥の地である中国で5日間にわたる囲碁と AIの祭典を開く」とブログで述べています。

Ke Jie [far right], along with Nie Weiping [next to Ke Jie], Fan Hui [standing] and Gu Li [far left], Google CEO Sundar Pichai during a visit he made to Nie Weiping’s Go school in Beijing last year./ Google

新しい圧縮アルゴリズムのJPEGエンコーダー(Google: Guetzli)

Googleが新しい圧縮アルゴリズムを採用する JPEGエンコーダー Guetzli(グェツリ)を発表しました。Googleは通常の圧縮処理に比べ、画質を保ったまま35%小さい JPEG画像を生成できるとしています。

画像比較は、左から順に無圧縮オリジナル、libjpeg、Guetzliの順番です。

Figure 2. 20×24 pixel zoomed areas from a picture of a cat’s eye. Uncompressed original on the left. Guetzli (on the right) shows less ringing artefacts than libjpeg (middle) without requiring a larger file size. / Google

JPEG画像の品質は、色空間変換離散コサイン変換、量子化(Quantization)といった多段圧縮プロセスと密接に関わっています。Guetzliエンコーダーは、量子化の段階で、従来なら良質な状態が保てなくなるほど小さなファイルサイズをターゲットとし、従来の心理視覚モデルと Guetzli独自の心理視覚モデルの差を吸収するための検索アルゴリズムを使用することで、画質とファイルサイズのバランスをとっています。

こちらの画像比較では、左から順に オリジナル、Guetzli、libjpegの順番です。

Figure 1: Visualization of two details in an image, original in the left column,Guetzli in the middle, libjpeg on the right. Libjpeg shows more ringingartifacts than Guetzli.(pdf)

Googleが実施した人間のテスターによる評価では Guetzliを使って作り出した画像のほうが生成に時間はかかるものの、より好印象だったようです。Googleでは「これだけの画質なら圧縮時間を待つだけの価値がある」としています。また、Guetzliの心理視覚的アプローチがモバイルユーザーのためのロード時間と帯域幅コストを低減させ、画像の多いサイトがスムーズとなることを期待するとしています。

JPEGの圧縮率向上には Mozillaも取り組んでおり、高画質かつ圧縮効率の高いエンコーダー「mozjpeg」を開発しています。