新しい圧縮アルゴリズムのJPEGエンコーダー(Google: Guetzli)

Googleが新しい圧縮アルゴリズムを採用する JPEGエンコーダー Guetzli(グェツリ)を発表しました。Googleは通常の圧縮処理に比べ、画質を保ったまま35%小さい JPEG画像を生成できるとしています。

画像比較は、左から順に無圧縮オリジナル、libjpeg、Guetzliの順番です。

Figure 2. 20×24 pixel zoomed areas from a picture of a cat’s eye. Uncompressed original on the left. Guetzli (on the right) shows less ringing artefacts than libjpeg (middle) without requiring a larger file size. / Google

JPEG画像の品質は、色空間変換離散コサイン変換、量子化(Quantization)といった多段圧縮プロセスと密接に関わっています。Guetzliエンコーダーは、量子化の段階で、従来なら良質な状態が保てなくなるほど小さなファイルサイズをターゲットとし、従来の心理視覚モデルと Guetzli独自の心理視覚モデルの差を吸収するための検索アルゴリズムを使用することで、画質とファイルサイズのバランスをとっています。

こちらの画像比較では、左から順に オリジナル、Guetzli、libjpegの順番です。

Figure 1: Visualization of two details in an image, original in the left column,Guetzli in the middle, libjpeg on the right. Libjpeg shows more ringingartifacts than Guetzli.(pdf)

Googleが実施した人間のテスターによる評価では Guetzliを使って作り出した画像のほうが生成に時間はかかるものの、より好印象だったようです。Googleでは「これだけの画質なら圧縮時間を待つだけの価値がある」としています。また、Guetzliの心理視覚的アプローチがモバイルユーザーのためのロード時間と帯域幅コストを低減させ、画像の多いサイトがスムーズとなることを期待するとしています。

JPEGの圧縮率向上には Mozillaも取り組んでおり、高画質かつ圧縮効率の高いエンコーダー「mozjpeg」を開発しています。

GoogleとLevi’sが共同開発したスマートジャケット

Levi’s® Commuter™ x Jacquard by Google Trucker Jacket

米テキサス州で開催されている SXSW 2017で、GoogleとLevi’sが共同開発したスマートジャケット「The Levi’s Commuter x Jacquard by Google Trucker Jacket」を今秋に $350で発売すると発表しました。

このジャケットは、Google ATAP(Advanced Technology and Projects)で開発された布に導電糸を織り込み、ジェスチャーコントロールを可能にするJacquardを採用しています。

袖口をタップやスワイプすることでスマートフォンを操作できるというものです。Jacquardは2016年の Google I/Oで発表されていました。ジャケットそのものは、Bluetooth内臓のタグ(一回の充電で約2日間利用可能)を外した状態であれば、通常の衣類と同様に洗濯が可能です。

Smart tag(Bluetooth)

元になっているジャケット Levi’s Commuter Trucker Jacketは、もともとサイクリスト向けの製品であり、自転車に乗って使うならスマートウォッチによる操作より使いやすそうです(^^)

Levi’sでは、この技術を他の製品にも展開する計画のようです。これからスマートジーンズやスマートシャツのようなものも登場するかもしれません。各分野の制服などに取り入れるとスマートになりそうですね(^^)