ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ / リンダ・リウカス

子どものプログラミング教育が注目されるのと同時期に刊行された「ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング」から1年が経過しました。第2弾となる「ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ」が4月10日に刊行されます。

ブラックボックスのようなコンピュータの中身。これからは PCやスマホだけでなく、すべてのモノにコンピュータが組み込まれるIoT時代に向かっています。その内側の動きを想像できるようになることは、子どもたちが生きてゆく世界を理解するための重要な手がかりになります。

リンダ・リウカス(Linda Liukas)さんは「150年ほど前、ルイス・キャロルは、アリスを鏡の向こうの不思議な世界へと放り込みました。私はルビィを、同じような旅に送り出します」と語っています(^^)

あるたいくつな日、ルビィはお父さんのパソコンのマウスポインター(矢印)が動かないことを発見します。相棒のマウスとともに飛び込んだのは、コンピュータの中の世界。きらきら明滅するビットたち、うるさがたの論理ゲート、命令ばかりする CPUなど、いろんなコンピュータの国の住人たちに出会いながら、ルビィはぶじカーソルを見つけられるでしょうか?

リンダ・リウカスさんが描く、色彩豊かな可愛らしいイラストのキャラクターたちが繰り広げるぼうけん物語は面白そうですね(^^)

21世紀の教養としてその知識は無駄にならないと語ったリンダさん。リンダ・リウカスさんと訳者の鳥井雪さんにインタビューした記事があります。

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング


拡張現実の未来を描くSF: Strange Beasts(奇妙な獣たち)

Strange Beasts / Magali Barbé

拡張現実(AR)や複合現実(MR)の未来は、ゲームや疑似体験の世界だけなのでしょうか?

主人公の男性が複合現実世界を構築するツールで、奇妙な獣のような仮想ペットを創り出して遊びます。

また、主人公のライブラリーに存在する一人の少女(Anna)も、奇妙な海洋生物を生み出していつも遊んでいます。

ところで、この幼い少女(Anna)の存在は・・・?

私たちの夢の中や想像したもの、あるいは大切な記憶や思い出を再現(構築)するツールとして拡張現実(AR)が発展するのかもしれません。

制作したのはロンドンをベースにして活動、アニメーションや Maya,Nuke,After effectなど、CG全般にスキルをもっている Writer/Director/Previs Artistの Magali Barbeさんです。

I have previously worked is places such as: The Third Floor, Passion Pictures, Framestore, The Mill.

Strange Beasts from Magali Barbé on Vimeo.

素晴らしいショートフィルム World Builder