ルーカス美術館はロサンゼルスに、完成は2020年

George Lucas(2007年5月)/ Joi Ito

映画「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカス氏は、2012年10月にルーカスフィルムを40億5,000万ドル(当時のレートで約3200億円)でディズニーに売却しました。その巨額の売却益を慈善事業に投じる計画であることも発表しました。

そして、2014年6月にはイリノイ州のシカゴにルーカス美術館を建設すると発表。ルーカス自身が集めたアート作品を展示するルーカス美術館建設計画は、建設工事費・寄付金・所蔵するアート作品の価格などを全て合わせると、15億ドル(約1,746億円)に上ります。

シカゴ市議会や公園当局などから承認を得ていましたが、公園保護団体「フレンズ・オブ・ザ・パークス」は、美術館建設がミシガン湖周辺の開発に関する規定に違反しているとして法的措置に訴えたことにより、2016年6月24日に建設を断念しています。

現在はロサンゼルスかサンフランシスコに建設が検討されています。ルーカス美術館は、ナラティブ・アート(ストーリー性のあるアート)を体験する中心施設となり、イラストから映画、デジタル・アートに至るビジュアル表現の進化に触れることができます。「スター・ウォーズ」の視覚効果や、VFXの発展なども分かります。青少年の教育にも配慮され、外国からの集客も期待できます。

ルーカス氏は、ハリウッドとシリコンバレー双方の発展に貢献しています。ファンはやきもきしますが、経済紙の Bloombergではルーカスフィルムがあるサンフランシスコの方が、ロサンゼルスより優勢ではないかと予想しているようです。

<1/11:追記>ルーカス美術館はロサンゼルスに決定、完成は2020年ごろの見込みです。

CONCEPT DESIGN: LOS ANGELES RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: LOS ANGELES RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: SAN FRANCISCO RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: SAN FRANCISCO RENDERINGS

シカゴにナラティブ・アート専門の美術館(George Lucas)


佐々木榮松さんが見えるように描いた釧路湿原

4月から中学一年生国語の教科書に載った「湿原の秋」原画の勉強にやってきた海斗君とお母さん / Facebook
4月から中学一年生国語の教科書に載った「湿原の秋」原画の勉強にやってきた海斗君とお母さん / Facebook

「見たとおりに描くのではなく、見えるように描く」「色は心で決める」。湿原の画家と呼ばれた佐々木榮松(ささき えいしょう)(1913-2012)さんの言葉です。

佐々木さんは、北国の原野で育ったため、絵は完全に独学です。
水彩、デザイン、石版画、グラフィックデザインなど何でも手掛けました。特に油絵は、道東の風土をテーマに一貫して心象作品を製作しています。

50歳代から自ら美術館の見学・取材・釣りなどの目的でソビエト連邦圏諸国、中近東、地中海諸国、西欧、北欧、北米、中南米、南米諸国を旅しています。

色のない水墨画のような極寒の北国、釧路湿原においても鮮やかな色彩を帯びるのは、ほんの一瞬のように思います。南米大陸初のリオデジャネイロ・オリンピックで、モザイク文化の陽気で色彩にあふれていたのとは対象的です。
佐々木榮松さんは、作品について「美しいと感じた心」で描いたと語りますが、自らの生き方が創造させた釧路湿原のようにも思います。釧路湿原美術館で原画を観てみたいと思います。

11月12日に新しい道の駅や阿寒丹頂の里、そして、釧路湿原美術館、宿泊施設などが集結して「道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス-」としてリニューアルオープンしています。

周辺マップ | 道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス- - wixsite.com
周辺マップ | 道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス- – wixsite.com
1972年(昭和47年)に最初の一眼レフカメラで撮影(^^)
1970年(昭和45年)、最初に購入した一眼レフカメラで撮影(^^)