世界最小かつ最軽量人工衛星をインドの青年が開発

Rifarh Shaarook @Rifarh_Shaarook / Twitter

インド初の国産人工衛星打ち上げ計画を指揮した科学者でもあるアブドゥル・カラーム元大統領にちなみカラームサット(KalamSat)と名付けられた人工衛星は、世界最小3.8cmの立方体で重さはわずか64gという超軽量化に成功しています。

この人工衛星は、インド南部タミル・ナードゥ州出身の18歳、リファス(Rifath Shaarook)さんと、インドの科学教育機関「スペース・キッズ・インディア」に在籍する研究チームによって開発されました。

NASAの教育プログラム(Cubes in Space)によって打ち上げられることになったカラームサットは、炭素繊維を素材として 3Dプリンタによって出力されています。鉄の4分の1の比重で10倍の強度を持つ「軽くて強い炭素繊維」を活用することで、重さわずか64gという超軽量化に成功しています。小さな人工衛星には、温度や湿度など、8台のセンサーが内蔵され、加速度や回転を計測したり、地球磁気圏を観測したりすることができます。

2017年6月にヴァージニア州東部海岸にあるワロップス飛行施設から打ち上げ、4時間にわたって弾道飛行しながら、宇宙の微小重力環境で12分間稼働させる計画です。

NASAは、宇宙探査にまつわる幅広い研究開発活動において、積極的に外部の優秀な人材や独創的なアイデアを受け入れ支援しています。11歳から18歳までの子どもを対象にした「キューブス・イン・スペース」もその一つ、素晴らしいですね(^^)

メインクーン(Maine Coon)の猫オマールは世界最長か

Omar the Maine Coon / Stephanie Hirst

メインクーン(Maine Coon)は、イエネコの中でも大きな品種のひとつであり、長毛種でジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られています。

オーストラリアのメルボルンに住んでいる、猫のオマール(Omar)3歳は、2013年に飼い主のステフィー・ハースト(Stephanie Hirst)さんにもらわれた時、他の兄弟子猫たちと同じ大きさだったそうです。しかし、いまや体重14kg、体長は 120cmにも成長しました。

巨大猫のオマールがネットで有名になると、ギネス・ワールドレコーズがオマールのサイズを送ってくるようハーストさんに連絡してきたそうです。現在の記録保持者は、英北部ウェストヨークシャーのウェイクフィールドで暮らす、体長118cmのメインクーンです。

普段は穏やかなオマールはネットで有名になって以来、オーストラリアの大手新聞や全国ネットのテレビ番組、そして世界中のメディアにも登場しています。飼い主のハーストさんは、ギネス世界記録よりも「猫のオマールは、もともとののんびりした生活に戻りたいだろう」と気遣っています。

ハーストさんは、「オマールは、トランポリンで昼寝して、カンガルーの肉をまた食べて、夜私たちの安眠を妨害する生活に戻るのを、ただ楽しみにしているんです」「普通の飼い猫に戻れることの方がうれしいと思う」と述べています。