Googleの機械学習(AI)を自動で最適設計する AutoML

AutoML(Auto Machine Learning)/ Google #IO17

いままで目的に合った機械学習(AI)プログラムの開発をするためには、多くの専門ソフトウェア技術者による最適なアルゴリズムの設計とコーディングが必要でした。

Googleでは、いま AutoML(Auto Machine Learning)という機械学習プログラムの最適設計アプローチを進めています。この AutoMLが自動的に機械学習プログラムを生み出し、専門ソフトウェア技術者がいらなくなるのではと話題になっているようです(^^)

すでに、言語や画像認識を学習するための最適な機械学習プログラムの設計を、AutoMLで探索する研究やテストを進めています。その結果、画像認識分野では、AutoMLを使用した設計が専門家たちのそれに匹敵するレベルとなり、言語翻訳では専門家を完全に凌駕するパフォーマンスを見せているそうです。

AutoMLは、Google I/Oで発表されたGoogle Lens(グーグルレンズ)などのアプリを含む、特定の業務を実行する機械学習プログラムの開発に活用されています。

さらに、AutoMLにより機械学習プログラムを作る過程を何千回も繰り返してきた結果、認識機能が強化され予期しない変数が補完されるなど、新たな学習効果も生まれているそうです。

Googleのサンダー・ピチャイCEOは、AutoMLの商用化の時期を問う質問に「今後5年ほどで、コーディングやコンピュータ言語を全く知らなくても、自分の目的に合わせた機械学習プログラムを設計することができるようになる」と見通したということです(^^)

躁うつ病に苦しむ人の体験を共有するデータベースを構築したい

当事者個々人が持つ多種多様なナレッジを一箇所に集め、Webサイト上で共有します。/ 白楽たまき

白楽たまき(仮名)さんは、躁うつ病(以降「双極性障害」と表記)という精神障害のため障害者手帳を保持している障害者です。この病気が原因で、過去に休学や休職を経験。近年は、仕事に就いては短期間で再発して退職するということを繰り返しており、年収は50万円にも満たない状況です。離婚や子どもとの離別も経験しています。

自分以外にも多くの当事者の方々が、病気の症状に苦しんでいるだけでなく、仕事・家庭・友人・収入・生活といった様々な面で深刻な困難に直面している現状を目の当たりにしてきたそうです。

そこで白楽たまきさんは、この病気によって人生を大きく翻弄されている全ての方たちを何とかしたいと思い、当事者の知識を共有するクラウドファンディング(Readyfor)によるプロジェクトを立ち上げています。目標額は25万円です(6/30締切)

双極性障害に人生を翻弄される当事者を少しでも減らすために、新たな一歩を踏み出します。

このプロジェクトは、個人差の大きい「双極性障害」と上手に付き合って生きていくためのノウハウを当事者間で共有できるデータベース形式のWebサイトを構築します。支援金はWebサイトの開発費と1年目の運営費、そして、より多くの当事者の方に知って頂くためのWeb広告費の費用となります。

そして、「プロジェクトが目指しているのは、双極性障害の当事者個々人が持っているあらゆるナレッジ(知識)のオープンソース化(無償公開)です。これにより、双極性障害にこれからの人生を翻弄されずに生きていける人が増え、更にデータベースが充実していく、という好循環が生まれることです」と述べています。

障害者の「生きづらさ」を減少させる「双極性障害ナレッジベースサイト」の構築を応援しています。

An image depicting profound sadness. / Wikipedia