日本文学と日本映画の名作「飢餓海峡」

Kiga kaikyô (1965) / IMDb

水上勉さんが推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品で代表作の一つです。戦後の貧困の時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が主要な登場人物に投影されています。

1965年(昭和40年)に映画、また1968年からテレビドラマ、1972年からは舞台が数回にわたって制作されています。映画とテレビで6,7回観ていますが、久しぶりに動画配信で3時間2分のノーカット版を鑑賞しました。

洞爺丸事故」は、1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で台風第15号により起こった、青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故です。死者・行方不明者あわせて1,155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となっています。
また、同日に岩内町では市街の8割・3298戸が焼失(写真)、罹災者16,622人、死者35人(焼死33人、溺死2人)、負傷者551人、行方不明3人の「岩内大火」が発生しています。

飢餓海峡は、この洞爺丸事故と岩内大火を題材にして着想されています。
青森県大湊(現:むつ市)の娼婦・杉戸八重は、一夜を共にした犬飼多吉と名乗る見知らぬ客から、思いがけない大金を渡されます。八重は借金を清算して足を洗い東京に出ますが、犬飼の恩を忘れることはなく、金を包んであった新聞と犬飼が使った安全カミソリ(映画では犬飼の爪)を肌身はなさず持っていました。

殺人事件の捜査を通して、犬飼多吉と娼婦・杉戸八重が貧困の中で懸命に生きた想いや、人生の悲哀と悲劇が描かれた日本文学と日本映画の名作です。

Le détroit de la faim – Tomu Uchida – Trailer 投稿者 k-chan

岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成


岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成

帰厚院 住職 成田賢一さん / Faavo

北海道の岩内町は、積丹半島の付け根にあり、明治の頃からニシンの漁場として繁栄していました。40年前は3万人に迫る勢いがありましたが、近年は漁業の衰退等から過疎化も進み、人口約1万3千人台まで減少しています。

一般サラリーマンからお坊さんになった帰厚院住職の成田賢一さんは、岩内町の重要文化財である帰厚院大仏の英語版パンフレットを作成したいと、クラウドファンディングに挑戦しています。
地域活性化には、地元の協力と英語力は必要不可欠とも考えているそうです。

東京以北最大の「高さ6.8mの木造総金箔大仏」のインパクトもあって、クラウドファンディング開始3日目(残り32日)で目標額の20万円を超えて話題になっています(^^)

日本におけるアスパラガス栽培の発祥の地でもある岩内町には、ニセコ(Niseko)の近隣町村から外国人観光客も増加しているそうです。また、スキー場やリゾート開発なども計画されており、これからの発展も見込まれます。

創業明治32年の「カネタ吉田蒲鉾店」、創業明治44年のテント店「村本テント」、漁師家系直系の水産加工会社「石塚水産」など、地域活性化と岩内町の魅力や老舗の名店をもっと知ってもらいたいと思い、「返礼品」もここでしか手に入らない限定品ばかりです(^^)

帰厚院 阿弥陀如来大仏像 (岩内町有形文化財) / Facebook