日本文学と日本映画の名作「飢餓海峡」

Kiga kaikyô (1965) / IMDb

水上勉さんが推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品で代表作の一つです。戦後の貧困の時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が主要な登場人物に投影されています。

1965年(昭和40年)に映画、また1968年からテレビドラマ、1972年からは舞台が数回にわたって制作されています。映画とテレビで6,7回観ていますが、久しぶりに動画配信で3時間2分のノーカット版を鑑賞しました。

洞爺丸事故」は、1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で台風第15号により起こった、青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故です。死者・行方不明者あわせて1,155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となっています。
また、同日に岩内町では市街の8割・3298戸が焼失(写真)、罹災者16,622人、死者35人(焼死33人、溺死2人)、負傷者551人、行方不明3人の「岩内大火」が発生しています。

飢餓海峡は、この洞爺丸事故と岩内大火を題材にして着想されています。
青森県大湊(現:むつ市)の娼婦・杉戸八重は、一夜を共にした犬飼多吉と名乗る見知らぬ客から、思いがけない大金を渡されます。八重は借金を清算して足を洗い東京に出ますが、犬飼の恩を忘れることはなく、金を包んであった新聞と犬飼が使った安全カミソリ(映画では犬飼の爪)を肌身はなさず持っていました。

殺人事件の捜査を通して、犬飼多吉と娼婦・杉戸八重が貧困の中で懸命に生きた想いや、人生の悲哀と悲劇が描かれた日本文学と日本映画の名作です。

Le détroit de la faim – Tomu Uchida – Trailer 投稿者 k-chan

岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成


箱館からHakodateへ

金森倉庫から函館山

北海道で一番好きな街、一番数多く訪れた街、思い出の街。青函連絡船の三等船室、畳の大部屋の端に寝ていたことを微かに覚えています(^^)

幼い頃、青森からの連絡船から見た函館山は、とてつもなく遠いところに来たことを教えてくれる北海道の風景として、いつまでも心に残っています。
函館は、江戸時代から開国、明治、大正、昭和の時代を感じることができる街ですね。江戸時代には、高田屋嘉兵衛が箱館を拠点にし、蝦夷地交易の場として栄え、松前藩の役所が置かれています。1859年には日米修好通商条約により、日本初の国際貿易港として開港、外国人居留地も設置され、西洋文化がいち早く入って来ています。

青函連絡船 摩周丸

高度成長時代には、地場産業の要である造船と関連産業が繁栄しました。北洋漁業の基地としても栄え、漁船団の一斉出漁なども風物詩の時代もありました。

函館山からの夜景を久しぶりに観ました。昔とはロープウェイや設備も変わり、お土産も現代風?になっています。現代的になった函館観光の慌ただしい光景に郷愁を感じる心の余裕がありませんでした(^^)

函館山 夜景

函館山からの夜景サムネイルをClickすると拡大します!函館観光フォトライブラリーに掲載の夜景です^^。
インターネット時代のための著作権ルール「CCライセンス」。グローバルに共有しましょう。

函館に限らず、地域経済や地域観光の活性化とグローバル化は最重要課題だと思います。小樽と函館の比較などユニークな「小樽学」サイトがありました。