Kickstarter(キックスターター)日本版サービスを提供開始

日本のプロジェクトを世界に向けて / Kickstarter

世界最大のクリエイティブなプロジェクトのためのファンディングプラットフォームであるKickstarter(本社:米国ニューヨーク州ブルックリン)は、2017年9月13日より、正式に日本版のサービス提供を開始しました。

Kickstarterは2009年のサービス開始以来、1,300万人以上のバッカー(プロジェクト支援者)が13万件ものクリエイティブなアイディアを支援し、合計3,500億円以上の資金を提供してきました。

日本からも300人以上のクリエイターが、世界のクリエイターとのコラボレーションを経て、様々なプロジェクトを実現してきました。また、約10万人ものバッカーが、日本から世界中のあらゆるクリエイティブなプロジェクトの実現を支援してきました。私も17個のプロジェクトを支援してきました(^^)

A Brief History of Kickstarter

日本版の Kickstarterの Wesiteは、従来の Kickstarterと同じですが、下部の言語選択より「日本語」を選ぶことができます。また、日本発のプロジェクトを検索することもできます。

プロジェクトを公開するには、18歳以上で、かつ、Kickstarterがサービスを提供している国の居住者である必要があります。プロジェクトは個人の本名か、会社法人等番号を証明できる法人格で公開します。
また、個人/法人問わず住所、銀行口座、身分証明書(法人の場合は履歴事項全部証明書)、クレジットカードもしくはデビットカードも必要です。

2009年4月28日に最初のプロジェクト(限定Tシャツ)が公開されましたが「不成功」でした(^^) 下記の動画は Kickstarterの歴史(5年間)です。

決定版スマートトースター「Toasteroid」

Toasteroid can be your personal Weather Forecaster, Private Messenger, and Doodle Pad.
Toasteroid can be your personal Weather Forecaster, Private Messenger, and Doodle Pad.

IoT時代のトースターを目指す「Toasteroid」が、クラウドファンディングの Kickstarterに挑戦しています。

最大の特徴はスマートフォンと連携して、オリジナルな絵柄やロゴ、リアルタイムの天気やメッセージがプリントできるスマート・トースターとしたことです。

これまでにも、食パンに「絵柄」や「天気予報」をプリントするトースターは発表され、実際に発売されているものや製品化されずに終わったものもあります。(トースターランキング参照)

あらゆるものがインターネットに繋がる IoT時代の商品開発モデルとして、分かりやすく楽しいトースター「Toasteroid」があるように思います。スマート照明、スマート空調、スマートドア、スマートTV、スマートまな板、スマートレンジ、スマート冷蔵庫、スマートベッド、スマート学習机、スマート巻尺などなど、これからも楽しい商品デザインが登場しそうです(^^)

商品開発には、アイデア、マーケティング、デザイン、仕様、アプリ開発、価格競争力、製品化など、多くのハードルがあります。Toasteroid(トースターロイド)は、ニューヨークのブルックリンにありますが、クリエイティブなブルックリン地区のアート的コンセプトが感じられます(^^)

目標額15万ドル(約1,530万円)、現在3万ドル超え(9/20まで)、安価な製品(Toasteroid Mini)では 59ドルから入手(2017年7月)が可能です。

Making toast with Toasteroid is super easy. Just download the Toasteroid companion mobile app, connect your smart phone to Toasteroid via Bluetooth and toast away!