WEFの国際競争力はスイスが9年連続1位、日本は9位

The Global Competitiveness Index 2017–2018 Rankings / WEF

9月27日に世界経済フォーラム(WEF)が「国際競争力レポート2017‐2018」を発表しました。

国際競争力インデックス(GCI)を見ると、スイスが9年連続で世界で最も経済競争力のある国であり、僅差で米国とシンガポールが続いています。

トップ10に入っている他のG20経済国では、ドイツ5位、イギリス8位、日本は順位を1つ下げて9位です。
中国は巨大な新興市場である BRICS グループ内で最も高いランキングで、順位を1つ上げて27位。ブラジルは80位、ロシア38位、インド40位、南アフリカは61位になっています。隣国の韓国は26位、台湾は15位です。

「国際競争力を上げるためには新しい視点が必要(pdf)」として、以下を指摘しています。

1、国際的な財政危機から10年が経ち、経済は依然として更なるショックのリスクにさらされており、次のイノベーションと自動化の波への準備が不足しています。
2、過去10年間のデータは、労働市場における柔軟性と保護のバランスをとる重要性を強く望まれてきたにも関わらず、なぜイノベーションによる生産性の向上を依然として達成できていないかを示しています。
3、スイスは、依然として世界で最も経済競争力のある国であり、次に米国、シンガポールが続いています。こちらから、世界経済フォーラムの詳報(pdf)をご覧ください。

IMD2017年世界競争力とデジタル競争力ランキング


男女格差指数2016 日本111位(Global Gender Gap Report 2016)

The Global Gender Gap Report2016 / WEF
The Global Gender Gap Report2016 / WEF

10月26日発表された世界経済フォーラム(WEF)の世界男女格差年次報告書2016年版によると、経済成長を危険にさらし、経済発展する機会を奪う可能性がある、男女の不平等に取組む素早い行動をとらないことにより、私たちは世界的に人材を誤って活用していると厳しく指摘しています。

報告書によれば、経済の重要な柱における男女平等の進捗状況は、格差が59%に留まっており、非常に遅くなっています。この数値は、2008年以降のどの時点よりも大きくなっています。

原因の背景に、一つには、世界中の女性の平均収入は、賃金労働および無賃金労働を合計した平均的労働時間が長いにもかかわらず男性の稼ぐ金額の半分強だということです。もう一つの根強い要因として就労率で、男性の世界的平均就労率が81%であるのに対し女性は54%に留まっています。95か国で少なくとも大学レベルの教育を受けた女性が同数いるにもかかわらず、女性の管理職の数は依然として低く、国会議員、高級官吏および部長の男女数が等しくなっているのは世界で4か国だけです。

The Global Gender Gap Report 2016 Top 10 economies / WEF
The Global Gender Gap Report 2016 Top 10 economies / WEF

トップ10では、1位アイスランド、2位フィンランド、3位ノルウェー、4位スウェーデン、5位はルワンダとなり、スイスはトップ10から脱落して10位にはニカラグアが上がりました。

米国(45位)は去年から17位下がりました。これは主として推定勤労所得のより透明性のある評価方法によるものです。主要国ではドイツ(13位)、フランス(17位)、英国(20位)が挙げられます。BRICSグループの中では、南アフリカ(15位)がトップを維持し、その次はロシア(75位)で、ブラジル(79位)が続いています。インド(87位)は、21位順位を上げ、経済参加の機会および学歴の分野における改善によって中国(99位)を上回りました。

日本は昨年(101位)から大きく順位を下げ 111位になりました。教育(76位)や健康(40位)の分野も上位ではありませんが、特に経済と政治の両分野は最下位ランクです。国会議員における女性比率で122位、官民の上級職における女性の比率で113位、女性の専門的・技術的労働者の比率で101位とされました。昨年(108位)のインドにも抜かれて、宗教上の理由(身分制度など)がある国々に近いと思います。とても先進国と呼べるレベルではありません。