Lydia Corbett -Artist Profile-The Girl With The Ponytail

魅力的なポニーテールのシルヴェット(Sylvette)

NYC - Greenwich Village: Picasso's Bust of Sylvette / Wally Gobetz
NYC – Greenwich Village: Picasso’s Bust of Sylvette / Wally Gobetz

パブロ・ピカソPablo Picasso [ˈpaβlo piˈkaso], 1881年10月25日 – 1973年4月8日)は、スペインのマラガに生まれ、フランスで創作活動をした画家、素描家、彫刻家です。ジョルジュ・ブラックとともに、キュビスムの創始者として知られます。

その生涯におよそ1万3,500点の油絵と素描、10万点の版画、3万4,000点の挿絵、300点の彫刻と陶器を制作し、最も多作な美術家であると「ギネスブック」に記されています。

ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんが
「もし、あなたが20歳の頃『ちょっと絵のモデルになってくれますか?』と、たまたま出会ったお爺ちゃん芸術家に頼まれたらどうします? 恥ずかしいから断る? 
でも、引き受けてみると、案外、後々、写真のような巨大パブリック・アートが誕生するかもしれません。作品名は『シルヴェットの胸像』(Bust of Sylvette)。ピカソ(Pablo Picasso)さんの作品です」として、ニューヨークにあるシルヴェットの胸像、絵画、写真とともに楽しい記事を掲載しています。

Lydia Corbett -Artist Profile-The Girl With The Ponytail
Lydia Corbett -Artist Profile-The Girl With The Ponytail

1954年、ピカソが73歳の時に南フランスにある陶芸の町ヴァロリスでシルヴェット・ダヴィット(Sylvette David)さんと出会います。彼女は長い金髪をこの時代に流行し始めたポニーテールに束ねた、しなやかな体つきの19歳の美しい娘さんです。

りばてぃ♪さんは、「シルヴェットさんがモデルをしてくれたおかげで、73歳のピカソさんが3ヶ月で40点も作品作っちゃいました」とコメント、その創作意欲に驚いています(^^)
記事の最後に、あのー、男性の皆さん、「ポニーテールは若返りのもと」っていう感じはありますでしょうか? どう思われます?」と疑問を投げかけています(^^)

私見ですが、金髪のポニーテールのシルヴェット(Sylvette)さんは、少女と大人の中間的な魅力に溢れています。ピカソの鋭い感性が欲していた美のように思います。うなじが見える髪型ショートとロングの魅力を併せ持つ「ポニーテールは若返りのもと」っていう感じはあります(笑)


シルヴェットさんは、ピカソのモデルを素晴らしい経験と語り、いまは名前を変えてリディア・コーベット(Lydia Corbett)として画家をされています。

Pope Francis received in audience in the Vatican on Monday the Grand Imam of Al-Azhar, Sheik Ahmed Muhammad Al-Tayyib. / Facebook

ローマ法王とイスラム教スンニ派最高権威機関の指導者が歴史的会談

Pope Francis received in audience in the Vatican on Monday the Grand Imam of Al-Azhar, Sheik Ahmed Muhammad Al-Tayyib. / Facebook
Pope Francis received in audience in the Vatican on Monday the Grand Imam of Al-Azhar, Sheik Ahmed Muhammad Al-Tayyib. / Facebook

5月23日、ローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王と、イスラム教スンニ派(Sunni)の最高権威機関アズハル(Al-Azhar)の指導者、アフメド・タイブ(Ahmed al-Tayeb)師が、ローマ法王庁(バチカン)で歴史的な会談を行いました。
フランシスコ法王とタイブ師は、今回の会談が両宗教の理解と対話を深めるきっかけになることを願っています。

バチカン関係者が記者団に明かしたところによると、法王はタイブ師と抱擁とキスを交わした後、会談の冒頭で「われわれの対面こそがメッセージになる」という短いコメントを出しています。

今回のバチカン訪問に当たってアズハル側は、双方が「平和会議」を開くことに合意したと発表。バチカン側はこの会議計画について直ちには確認しませんでしたが、報道官は約30分に及んだこの会談が「非常に心のこもった」ものだったと述べました。

先週突然発表された今回のバチカン訪問は、前法王時代に両宗教間に存在した深刻な緊張が、フランシスコ法王就任後に緩和されたことを受けて実現しました。

バチカンのフェデリコ・ロンバルディ報道官は声明で、法王とタイブ師は「主に世界の主要宗教の権威と、信者らが直面している共通の課題に焦点を当てた」とし、この課題には世界平和に向けた協力、暴力行為やテロの拒絶、中東の紛争やテロを背景としたキリスト教徒をめぐる現状や、保護などが話し合われたことを明らかにしました。