2015: Chrome - The Global Gateway To The Web / dadaviz

世界のWebブラウザシェアに見る日本の特殊性

2008: Internet Explorer Dominates Worldwide / dadaviz
2008: Internet Explorer Dominates Worldwide / dadaviz

2008年以降の国ごとの Webブラウザシェアを色分けした面白い世界地図があります。

これによると、2008年の時点で世界はほぼ Internet Explorer(IE)一色だったのが、翌年には Operaが急速に台頭します。しかし、2010年には Firefoxがそれに取って代わり、2012年から13年にかけては Chromeが世界中でシェアを席巻するなど、目まぐるしく移り変わっていることが分かります。

2008年から2015年までのブラウザ変遷(タイムラプス)については、下記リンクでご覧ください。

そんな中で独自(孤立)路線を貫いているのが日本と隣の韓国です。2008年から2015年に至るまで、トップシェアは IEのまま変化がなく、世界的に見て特殊性が一目瞭然となっています。

誰もが利用する基本的なWebブラウザの世界で「この特殊性」は何を意味するのでしょうか? 2015年になっても、IE依存のシステムやアプリが如何に多く、ITベンダー依存のユーザーどれほど多いかも表しているようです。オープン系の普及や優位点、ITの基本的スキルが理解されていない・・・。

独創的な人の驚くべき習慣(TED: Adam Grant)では、「Firefoxと Chromeの利用者は、Internet Explorerと Safariの利用者よりはるかに優秀であると証明されました」と言ってます(^^) IoTや人工知能(AI)、デジタルクリエイティブの 21世紀型デジタル経済に取り残されないでしょうか。

2015: Chrome - The Global Gateway To The Web / dadaviz
2015: Chrome – The Global Gateway To The Web / dadaviz
Watch first lady Michelle Obama’s full speech at the 2016 Democratic National Convention

ミシェル夫人の演説(米は既に偉大な国)に喝采

Watch first lady Michelle Obama’s full speech at the 2016 Democratic National Convention
Watch first lady Michelle Obama’s full speech at the 2016 Democratic National Convention

米民主党の全国党大会が東部フィラデルフィアで開幕し、7月25日夜には現ファースト・レディのミシェル・オバマ夫人が、大統領選の同党候補に正式指名されるヒラリー・クリントン前国務長官を支持する演説を行いました。

ミシェル夫人は、共和党候補のドナルド・トランプ氏の選挙スローガンである「Make America Great Again(米国を再び偉大な国に)」をもじり、「米国は世界で最も偉大な国」と表現しています。
「この国が偉大ではないと誰にも言わせてはならないし、再び偉大な国にする必要があるとも言わせてはならない。なぜならば、既に世界で最も偉大な国だからだ」とスピーチし、会場から喝采を浴びました。

クリントン氏が、米主要政党で初めて女性の大統領候補となることにも触れ、「クリントン氏のおかげでうちの娘たち、そして私たちの息子や娘たちはみんな、女性が米国の大統領になれるのを当たり前のことととらえている」と語っています。

See Melania Trump, Michelle Obama's speeches side-by-side(YouTube)
See Melania Trump, Michelle Obama’s speeches side-by-side(YouTube)

Twitter上では、ミシェル夫人の演説は「一切の盗用などはせずに」、「個人名をあげずして」トランプ氏のスローガンを打ち砕いた、などといった賞賛の投稿が相次いでいます。

先週行われた共和党大会では、トランプ氏の妻メラニア夫人の演説が2008年のミシェル夫人のものと酷似しているとの盗作疑惑が持ち上がり、スピーチライターが引責辞任していました。

ここまで酷いと、みんな、あまり怒こる気がしなくなってきて、逆に、大爆笑しちゃうっていう(笑)ことで、りばてぃ♪さんが記事にしています。