スマートスピーカー利用者はモノマネするペットにもご用心

African Grey Parrot (Psittacus erithacus) / Wikipedia

イギリスのロンドンで、ペットのヨウム(バディ)が飼い主の声をまねて、Amazon Echoを使って10ポンドのギフトセット(約1,500円)を注文するという珍事が起こりました。英大衆紙サン(The Sun)が伝えています。

ロンドン南東部に住むコリエンヌ・プレトリアス(Corienne Pretorius)さんは、家族にも覚えのない注文が発覚して調べていたところ、バディがスピーカーとやり取りしているのを耳にして「犯人」が分かったということです(動画参照)
プレトリアスさんは、「バディが Amazonで注文したとわかったときには信じられませんでした」と語っています(^^)

ヨウム(洋鵡、学名:Psittacus erithacus)は、アフリカ西海岸の森林地帯に分布する大型インコです。知能が高く人の言葉をよく覚える種として名高く、飼い鳥として人気があるそうです。人の言葉を真似るだけではなく、言葉の意味を理解して人間とコミュニケーションをとる能力があると言われています(^^)

次世代のエコシステムとして期待されていますが、いまの技術水準では音声による面白い出来事?は避けられないようです(^^) 米国で起きた「テレビ音声を聞いて反応 Amazon Echoと Google Home」のような珍事件もありましたが、モノマネするペットにも用心がいるようですね(笑)

Google Homeの日本語版が10月上旬にも発売になりますが、スマートスピーカーの普及に伴って音声ならではの珍事が起こるかもしれません(^^)

日本のユニークな魅力を表現するムービー「JAPAN」

JAPAN – Where tradition meets the future / visitjapan-europe.jnto.go.jp/en

日本政府観光局(JNTO:Japan National Tourism Organization)は、主要な市場に海外事務所等を設置し、外国人旅行者の誘致活動を行う政府機関のことで、世界の主要な国々が政府観光局を有して、熾烈な外客誘致競争を展開しています。

欧州(JNTO)が制作した「JAPAN – Where tradition meets the future」は映像構成が面白く、訴求力のあるプロモーションになっています。

Websiteでは、ユニークな構成と視点でこのムービーを観ることができます。ムービーは YouTube(visitjapan)からも配信され、人気No.1のアクセス数(670万超え)になっています。

日本人の美意識や感性、価値観とは異なる惹きつけ方で制作、映像編集されています。日本のユニークな魅力を表現した「In Japan – 2015」に通じるものがあります(^^)

9月18日に日本政府及び日本政府観光局(JNTO)が主催し、米国関係者及びニューヨーク滞在中の各国外交団等、そして安倍首相夫妻も出席した「食・観光レセプション」が開催され、ニューヨク在住のりばてぃさんがゲストとして招かれて出席したようです。

米国からの訪日観光の促進や日本食・食文化の普及を図るために、日本の地方や食文化の魅力を発信しています。りばてぃさんのブログでご覧ください。


This movie vividly portrays the traditional, modern and natural attractions of Tokyo, Kyoto and other locations throughout Japan from a unique perspective.