Bagel: The World's Smartest Tape Measure

楽しい世界初のスマート巻尺(Bagel Smartest Tape Measure)

Bagel: The World's Smartest Tape Measure
Bagel: The World’s Smartest Tape Measure

巻尺の研究開発を進めてきた Bagel Labsは、Kickstarterで世界初のスマート巻尺 Bagelを製品化するため、クラウドファンディングを開始しました。

この Bagelの特徴は、ケースに紐状の巻尺と、ホイールメジャー、レーザー距離計を詰め込み、三種類の測定法でデジタル測定を可能としたところです。

さらに、測定データには音声メモが付けられ、録音された音声はテキスト変換されてデータと共に Bluetooth経由でスマホアプリに転送が可能です。Bagel内部には100測定値まで保存できます。
一人で次々に測っているとメモするのが大変です。この機能で測定したデータを忘れてしまうことがありません(^^)

Three Measurement Modes
Three Measurement Modes

紐状の巻尺(String Mode)での測定は 3mまでデジタル表示されます。細い丈夫な紐ですので絡んだり、手を切ったりする心配はありません(^^)

ホイールメジャー(Wheel Mode)は、本体の車輪を走らせることでその長さを測り、10mまで測定します。

レーザー距離計(Remote Mode)は、0.3m-5mを測定範囲としています。ある位置から壁までの距離を測ったり、天井の高さを測ることも可能です。

Kickstarterキャンペーンでは、執筆時点で59ドル(約6,000円)の出資からBagelを入手可能です。出資募集期間は8月3日まであるものの、すでに目標額3万ドルの倍以上となる7万8千ドルを突破しています。

Hundreds of emotions. 
A few tricks up his sleeve.

Anki の愛らしい AI ロボット玩具「Cozmo」発売

Hundreds of emotions.  A few tricks up his sleeve.
Hundreds of emotions.A few tricks up his sleeve.

Ankiは Cozmoを、「遊ぶために生まれてきた。チャーミングで、ちょっと気まぐれで、やんちゃなロボット。彼はあなたを認識し、覚える。あなたと交流し、一緒にゲームをプレイし、付き合いながらあなたを理解していく」と紹介しています。

Cozmoは、常に周囲をスキャンしていて、人間を検知すると認識し、反応します。知っている顔を認知すると目を輝かせ、しばらく遊んであげないと遊んでくれとせがみ、叩くと不機嫌になります。紹介動画では、充電台の上でいびきをかくシーンもあります(^^)

Cozmoは、喜び、悲しみ、激怒、怒り、いらだちなど、多くの感情をもち、内蔵された頭脳がインタラクションを処理して、これらの感情を生じさせているそうです。Cozmoの顔を見ると、2008年の映画ウォーリー(原題: WALL-E)に出てくるイブによく似ています(^^)

手のひらに載るサイズで、キャタピラ式の車輪がついており、モノをつかむことはできませんが、モノを押すことはできます。また、前転もできます。操作するにはiOSあるいはAndroid端末が必要です。

販売価格は179.99ドル、米国で10月に出荷開始になる予定です。Ankiのサイトで予約受け付けが始まっており、予約価格は159.99ドルとなっています。
Ankiは、カーネギーメロン大学ロボット工学研究所の卒業生によって2010年に設立され、2015年に AIで制御されるおもちゃのレーシングカー「Overdrive」を発売して注目を集めました。

Always game. / Anki
Always game. / Anki

ロボットがロボットでなくなる日が来ます。