ダイバーシティ(Diversity)は、価値創造のキーワード

Diversity / art around
Diversity / art around

写真は、米ワシントンDCにあるパブリックアート、タイトルは「Diversity」。大人から子どもまで分りやすいアートですね(^^)

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のことです。
性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価値観などの「多様性」を受け入れ、広く人材を活用することで創造性と生産性を高めようとすることをいいます。

1月22日、カタリスト(Catalyst)は「ダイバーシティ」と「男女平等」を進めるカナダのジャスティン・トルドー首相のリーダーシップに対して特別表彰を行うことを発表。2015年11月、カナダ史上初めて男女同数の内閣を立ち上げたトルドー首相は、男女閣僚が同数であることの理由を聞かれた際に、Because it’s 2015(もう2015年ですから)と、シンプルに説明しました。それ以後は頻繁に使われるフレーズとなったそうです(^^)

経済産業省は、経済のグローバル化や少子高齢化が進む中で、企業競争力の強化を図るためには、女性、外国人、高齢者、障がい者を含め、一人一人が能力を最大限発揮して価値創造に参画していくことが必要として取り組んでいます。

外務省は、世界のより多くの人々に対して、日本の魅力の諸相を「世界を豊かにする日本」として表現・発信することにより、日本への深い理解と共感の裾野を広げていくための海外拠点事業「JAPAN HOUSE」を始動させました。

ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんの”Diversity is what unites us.“(多様性こそ私たちを結びつけるものです)という、私の好きな記事(1/8 2009)があります。りばてぃさんが執筆している楽しい連載記事をお勧めします(^^)

魅力的なマウンテンバイク・ムービー「DreamRide」

DreamRide / Juicy Studios
DreamRide / Juicy Studios

ショートムービー・ドリームライド(DreamRide)は、2015年に米国のユタ州、ネバダ州、カルフォルニア州、オレゴン州、そしてワシントン州で撮影され、雄大な岩山や洞窟、四季折々の自然の中をマウンテンバイク(MTB)が駆け抜けます。

夢の中で、季節や場所、時間を超えてMTBで走り回る多彩な映像は、観る人にマウンテンバイクの醍醐味や楽しさ、面白さが伝わってきます(^^)

制作スタジオがあるカナダ・ブリティッシュコロンビア州(BC)は、マウンテンバイクやアウトドアスポーツのパラダイスのような場所ですね(^^)

ジューシー・スタジオ(Juicy Studios)は、山に囲まれたロスランド(Rossland, BC, Canada)にあり、2002年から主にアクションスポーツ分野の映画やテレビシリーズ、プロモーション、CMなど、モーショングラフィックスの制作スタジオとして、ユニークな視覚体験の映像を制作しています。

DreamRide from Juicy Studios on Vimeo.