美しい勝利の女神、至宝サモトラケのニケ(NIKE)

Victoire de Samothrace / Wikipedia

パリのルーヴル美術館で「ミロのヴィーナス」とともに至宝とされる「サモトラケのニケ」は、ギリシア神話に登場する「勝利の女神」として、また優美でダイナミックな姿や、翼を広げた女性という特徴的なモチーフなどから世界中の人々に愛されています。

彫像を正面に見て右斜め45度の位置に立った時に、この彫刻は最も美しく見えます。彫刻の構成ラインを明確に見せてくれます。
一つのラインは、大きい垂直線で、右足に沿って、胸の高さまで上がっています。もう一つは、斜めの線で、左足から、腿へ上がり、胸に至ります。

こうして、勝利の女神像は、その肉体の花開いた形状と、衣の襞のまとまりと、動きのエネルギーとを同時に支える直角三角形におさまっています。ルーペで見る《サモトラケのニケ》で詳しく説明されています。YouTubeは2015年に終了した「ニケの修復作業」です。

ナイキ(Nike,Inc.)の由来は、社員の一人ジェフ・ジョンソンが夢で見た(^^)勝利の女神ニーケー(Nike)から、そしてロゴマークは翼をモチーフにデザインしたとされています。映画「タイタニック」で、甲板先端で両手を広げたポーズを取るのは、船の舳先に立つニケの真似です。
勝利の女神として美しく翼を広げた女性のダイナミックな動きが象徴化され、印象が強い頭部(顔)がないからこそ多くの人に愛されたのかも知れません(^^)

日本でのニケ野外彫刻像も大学やスポーツ施設などを中心に数多く、北海道では小樽市生まれの國松明日香(くにまつあすか)さんの NIKEをモチーフにした作品が有名です。

TED Talks 美をどう感じるか(リチャード・セイモア)


ルーカス美術館はロサンゼルスに、完成は2020年

George Lucas(2007年5月)/ Joi Ito

映画「スター・ウォーズ」の生みの親であるジョージ・ルーカス氏は、2012年10月にルーカスフィルムを40億5,000万ドル(当時のレートで約3200億円)でディズニーに売却しました。その巨額の売却益を慈善事業に投じる計画であることも発表しました。

そして、2014年6月にはイリノイ州のシカゴにルーカス美術館を建設すると発表。ルーカス自身が集めたアート作品を展示するルーカス美術館建設計画は、建設工事費・寄付金・所蔵するアート作品の価格などを全て合わせると、15億ドル(約1,746億円)に上ります。

シカゴ市議会や公園当局などから承認を得ていましたが、公園保護団体「フレンズ・オブ・ザ・パークス」は、美術館建設がミシガン湖周辺の開発に関する規定に違反しているとして法的措置に訴えたことにより、2016年6月24日に建設を断念しています。

現在はロサンゼルスかサンフランシスコに建設が検討されています。ルーカス美術館は、ナラティブ・アート(ストーリー性のあるアート)を体験する中心施設となり、イラストから映画、デジタル・アートに至るビジュアル表現の進化に触れることができます。「スター・ウォーズ」の視覚効果や、VFXの発展なども分かります。青少年の教育にも配慮され、外国からの集客も期待できます。

ルーカス氏は、ハリウッドとシリコンバレー双方の発展に貢献しています。ファンはやきもきしますが、経済紙の Bloombergではルーカスフィルムがあるサンフランシスコの方が、ロサンゼルスより優勢ではないかと予想しているようです。

<1/11:追記>ルーカス美術館はロサンゼルスに決定、完成は2020年ごろの見込みです。

CONCEPT DESIGN: LOS ANGELES RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: LOS ANGELES RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: SAN FRANCISCO RENDERINGS
CONCEPT DESIGN: SAN FRANCISCO RENDERINGS

シカゴにナラティブ・アート専門の美術館(George Lucas)