サハリン州郷土博物館(Сахалинский областной краеведческий музей)

バーチャル見学 / サハリン州郷土博物館

初代サハリン博物館は、1896年(明治29年)にアレクサンドロフスキー砦で創設。懲役を勤めていた活動家と、その知人たちやサハリン流刑地の行政機関の力で、民族誌、考古学、地質学、植物学、動物学などのコレクションが収集されました。(下記参照)

1937年、樺太庁博物館の建物は、日本の伝統的な建築「帝冠様式」です。樺太庁博物館ではサハリン南部の原住民の民族誌、古生物学、植物学などのコレクションが展示されていました。
そこではアイヌの言語学者 知里真志保、民族誌学者の山本としお、植物学者の菅原繁蔵などが活動をしていました。

九五式軽戦車 ハ号 / Wikpedia

九五式軽戦車は、日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、第二次世界大戦中の日本軍の主力戦車として運用されていました。

アジア各国や米国、そしてモスクワなど世界中に展示されていますが、サハリン州郷土博物館にもあったんですね(^^)

この博物館には、社会の歴史や文化、サハリンとクリル列島の自然に関する本物の物を保管。展示されている物とコレクションの数は、20万個以上です。珍しい展示物の中に、サハリンの原住民(アイヌ、ウイルタ(オロック)、ニブフ)の伝統的な文化の古い物と、古生物学的なコレクションがあります。
「歴史的な地質学」や「古代文化と民族」「ロシアの懲役徒刑地とされたサハリン」などを展示、面白そうな郷土博物館ですね(^^)

The main museum of Yuzhno-Sakhalinsk in the city of Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalin Island, Russia. / Wikipedia Commons

佐々木榮松さんが見えるように描いた釧路湿原

4月から中学一年生国語の教科書に載った「湿原の秋」原画の勉強にやってきた海斗君とお母さん / Facebook
4月から中学一年生国語の教科書に載った「湿原の秋」原画の勉強にやってきた海斗君とお母さん / Facebook

「見たとおりに描くのではなく、見えるように描く」「色は心で決める」。湿原の画家と呼ばれた佐々木榮松(ささき えいしょう)(1913-2012)さんの言葉です。

佐々木さんは、北国の原野で育ったため、絵は完全に独学です。
水彩、デザイン、石版画、グラフィックデザインなど何でも手掛けました。特に油絵は、道東の風土をテーマに一貫して心象作品を製作しています。

50歳代から自ら美術館の見学・取材・釣りなどの目的でソビエト連邦圏諸国、中近東、地中海諸国、西欧、北欧、北米、中南米、南米諸国を旅しています。

色のない水墨画のような極寒の北国、釧路湿原においても鮮やかな色彩を帯びるのは、ほんの一瞬のように思います。南米大陸初のリオデジャネイロ・オリンピックで、モザイク文化の陽気で色彩にあふれていたのとは対象的です。
佐々木榮松さんは、作品について「美しいと感じた心」で描いたと語りますが、自らの生き方が創造させた釧路湿原のようにも思います。釧路湿原美術館で原画を観てみたいと思います。

11月12日に新しい道の駅や阿寒丹頂の里、そして、釧路湿原美術館、宿泊施設などが集結して「道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス-」としてリニューアルオープンしています。

周辺マップ | 道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス- - wixsite.com
周辺マップ | 道の駅 阿寒丹頂の里-クレインズテラス- – wixsite.com
1972年(昭和47年)に最初の一眼レフカメラで撮影(^^)
1970年(昭和45年)、最初に購入した一眼レフカメラで撮影(^^)