チビッ子視点を優先した公園のいい雰囲気

Squirrel! / Dino Quinzani
Squirrel! / Dino Quinzani

ニューヨーク市、マンハッタン島南端のバッテリー・パーク(Battery Park)にあるベンチで観光客を出迎えるリスくん、 カワイイですね(^^)

自由の女神が見えるバッテリー・パークは25エーカー(東京ドーム約2.2個分)の広さがあり、ハーバーフロントや街の砦(砲台)、人気のプロムナード、移民街にもなったことがあります。現在の公園は、ダウンタウンが急激に発達し、足を運べるオープンスペースが求められた19世紀に、埋め立てによって造られました。

ニューヨークの歴史も感じるバッテリー・パークですが、市民の憩いの場、公共空間としてもいい雰囲気ですね(^^)
セントラル・パークやチビッ子天国のガバナーズ島もそうですが、世界一のビジネス都市と言われるニューヨークで、チビッ子視点を優先した公園や公共空間(美術館、図書館など)、イベンントが多いのは偶然ではないように思います。

日本(特に東京)は、意識的にチビッ子視点、親子連れ視点、障害者視点など、より多様性の視点を優先した公園や公共空間にしていくことが必要ではないでしょうか。あまりにも「日本人の大人」だけの視点が優先されているように思います。

The Battery Conservancy / Facebook
The Battery Conservancy / Facebook

love is love is love is love is love is love cannot be killed or swept aside.

Lin-Manuel Miranda's Sonnet / Speech from the 2016 Tonys
Lin-Manuel Miranda’s Sonnet / Speech from the 2016 Tonys

米演劇界で最高の栄誉とされる第70回トニー賞(Tony Awards)の授賞式が開かれ、歴史劇とヒップホップ音楽を融合した「ハミルトン」がミュージカル部門の作品賞、主演男優賞、演出賞、脚本賞、オリジナル楽曲賞など11冠に輝いています。

歴代最多の12部門受賞記録(プロデューサーズ/2001年)には届きませんでしたが、時代を変えた「ハミルトン」の天才クリエイター、リン・マニュエル・ミランダ(Lin-Manuel Miranda)さんが、ソネット(14行詩)により、感動的なスピーチをしています。

最優秀ミュージカル作詞作曲賞(Best Original Score)を受賞し、この日、初めて壇上に上がった彼は、早くも若干涙声に・・・りばてぃ♪さんが「英文日本語訳つき」で掲載しています。

Lin-Manuel Miranda's Sonnet / Speech from the 2016 Tonys
Lin-Manuel Miranda’s Sonnet / Speech from the 2016 Tonys

フロリダ(オーランド)の銃乱射事件を念頭に置いた内容に・・・。素晴らしい感動的な詩です。日本語訳は、りばてぃ♪さんです。
—–
妻がいたからここまでやってこれました
一歩一歩、約束へ向けて私の背中を押してくれます
彼女とボクは完璧なシンフォニー
息子は最も美しい私たちの生まれ変わりです。
私たちを見つけてくれているかのようなメロディーを追いかけ、演奏してきました。
無慈悲な悲劇が、この世界では、何ひとつ約束なんてされていないと私たちに思わせても、たった1日だって。
このショーは、歴史に残る証なのです
憎悪と恐怖が強まるような時ですら
私たちは倒れては立ち上がり、瀕死の淵からでも光を灯すのです
希望と愛は、より長く続くのです
And love is love is love is love is love is love cannot be killed or swept aside.
そして、愛は、愛は、愛は、愛は、愛は、愛は、決して殺されたり、掃き捨てられることなどありません。
私はこのことを(私一人の言葉ではなく)シンフォニーとして皆さんにお伝えします。エリザは彼女のストーリーを語るでしょう。
皆さんも、この世界をどうか、音楽と、愛と、プライドで満たしてください。
—–