コンテンツへスキップ

サイエンス

薬物耐性てんかんの治療法としてモーツァルトK448効果

薬物耐性てんかん患者が、モーツァルトの「2台のピアノのためのソナタ ニ長調(K.448)」(以下、モーツァルトK448)を30秒間以上聴くことで、脳内でてんかんに関連した電気的活動のスパイクの頻度が低下することと関連して… 

新型コロナワクチンは、どうやって早く開発できたか(TED-Ed: Kaitlyn Sadtler and Elizabeth Wayne)

  • TED

20世紀には、ほとんどのワクチンは研究開発、治験、生産に10年以上を要しました。しかし、新型コロナワクチンでは緊急使用を目的として、この期間を11か月に縮めました。早さの裏にある秘密は、数十年かけて開発されてきた医療技術… 

水滴が飛散しない吸引型ハンドドライヤーにも注目

経団連は、企業向けに今年5月に公表した感染予防対策ガイドラインで「ハンドドライヤーを使わない」とした記載を見直すことにしています。WHOの見解や各国の状況を調べると、英国や米国CDCのガイドラインでも手洗いの後にハンドド… 

新型コロナのワクチン開発、迅速化とヒト感染試験

世界保健機関(WHO)によりますと、新型コロナウイルスのワクチン開発は、世界で100種類以上の研究が進められていて、このうち少なくとも10種類については、実際に人に接種して安全性や効果を確かめる臨床試験が始まっています。…