ニューヨークはあの日を忘れない(TOGETHER FOR 3.11)

東日本大震災追悼式典 / TOGETHER FOR 311
TOGETHER FOR 3.11 FIFTH ANNIVERSARY MEMORIAL

2011年3月11日、未曾有の地震と津波が東日本を襲いました。その衝撃と悲しみに、ここNYでも多くの人たちが、なにかをせずにいられない気持ちにかられて動きました。あれから5年。

多くの被災地は復旧し、沿岸部もかさあげをされています。そのいっぽういまだ6万8000人の方が仮設住宅に暮らしており、復興が進まないまま過疎になった地域との落差も目立ちます。
元の力を取り戻すにはまだまだ時間はかかるでしょう。それでも復興地の方たちは今日も前に進もうとしています。

私たちにできることは、まず「忘れない」こと。復興地に暮らす方たちを、あの日を、何かしたいと願った心を。東北からのビデオメッセージを見て、心をこめて祈りましょう。そして「NYは忘れていないよ、一緒に前に進んでいきましょう」そのメッセージを復興地に送りつづけましょう(TOGETHER FOR 3.11から)

陸前高田市の酔仙酒造 社長 金野連(つらね)さん(55)は、米国・ニューヨーク市の教会で6日行われる東日本大震災追悼式典「TOGETHER FOR 3.11」に出席し、この5年の歩みを伝えるスピーチをします。また、宮城、福島両県の園児らがビデオ出演します(岩手日報社)

ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんが、この「東日本大震災追悼式典」と、命がけで子ども達を救った「テイラー・アンダーソン(Taylor Anderson)さん」という若い米国人女性教師を紹介しています。

ニューヨークはあの日を忘れない / TOGETHER FOR 3.11
ニューヨークはあの日を忘れない / TOGETHER FOR 3.11

復興に焦点: 災害の救援に駆けつけるロボット(TED)

Robin Murphy: These robots come to the rescue after a disaster
Robin Murphy: These robots come to the rescue after a disaster

災害に見舞われた時、いち早く現場に駆けつけるのは誰か?ロボットである可能性がますます高くなっていきます。

ロビン・マーフィー(Robin Murphy)さんは研究室(Texas A&M University)で、災害現場を飛んだり、トンネルを掘ったり、泳いだり、這ったりするロボットを作っています。

ロボットの開発により「消防士やレスキュー隊員による人命救助活動がより安全なものとなり、さらにコミュニティの復興が最高3年、早まります」と語ります。

マーフィー博士は「初動対応を1日繰り上げるだけで 全体の復興にかかる期間が 1,000日 つまり3年も短縮できます。その仕組みを見てゆきましょう」と語り始めます。そして「最大の問題はデータつまり情報科学なのです」と述べています。適切な時間に適切なデータを得て、迅速に専門家に届けて分析することの重要性を語ります。非常に興味深い講演です。

地震や噴火、台風、土砂災害、河川の氾濫など、災害と隣り合わせの日本では、対策は進んでいるようでも、毎回判断の遅さや連絡体制の不備、復興の遅さが指摘されます。未曾有の東日本大震災と原発事故を経験して「情報科学、コンピュータ科学やロボットなど」の重要性を認識したと思うのですが・・・。