「パラサイト 半地下の家族」非英語作品で史上初の作品賞受賞

  • Movie

2月9日(現地時間)、2020年第92回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、ポン・ジュノ監督の韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞に輝きました。合作ではなくアジア単独製作の映画がオスカーの頂点に輝くのは、史上初の快挙です。外国語のみの映画の作品賞受賞も史上初となります。それだけでなく、作品賞、監督賞、脚本賞、国際長編映画賞(旧:外国語映画賞)の最多4部門受賞となりました。

Parasite wins Oscar for Best Picture in Academy first as Bong Joon Ho scoops up three awards / The Telegraph

ポン・ジュノ(韓: 봉준호、漢字:奉俊昊、英: Bong Joon-Ho、1969年9月 – )氏は、韓国の映画監督、脚本家です。慶尚北道大邱市(現・大邱広域市)出身。母方の祖父は小説家の朴泰遠。韓国のいわゆる386世代の一人です。延世大学校社会学科卒業後、韓国映画アカデミーに再入学。1995年の16mm短編のインディペンデント映画「白色人」が初監督作品となっています。

韓国映画パラサイトが初めてパルムドールを受賞



映画「パラサイト」は、登場人物たちの居住空間を示す「高台」「地上」「半地下」「地下」という階層構造が、物語の重要な設定と完璧にリンクさせています。貧富の格差が拡大する現代社会を痛烈に風刺する内容となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です