あなたは未来を盗んでいる:温暖化対策へ抗議(Greta Thunberg)

12月15日夜、ポーランドで開かれていた第24回気候変動に関する国際連合枠組条約(COP24)は地球温暖化対策の国際枠組み「パリ協定」の運用ルールを採択して閉幕しました。ただし一部の項目は合意が成立せず、先送りとなっています。10月に気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は、気温上昇を1.5度未満に抑えるには2030年までに世界の温室効果ガス排出量を半減させる必要があるとの特別報告書を発表していました。この警告を「歓迎する」との文言は米国、サウジアラビア、ロシア、クウェートの反対で削除されています。

You Are Stealing Our Future: Greta Thunberg, 15, Condemns the World’s Inaction on Climate Change / Democracy Now!

スウェーデンのグレタ・トゥーンベリGreta Thunberg)さん(15歳)は、世界のリーダーに気候変動への取り組みが不十分だと訴えています。「政治家が気づかないのは恐ろしいことです」、「何も起きていない、だから私が何かしなければ」と語ります。彼女は毎週金曜日に学校を休んで国会議事堂前で抗議活動をしています。

グレタさんは、ティーンエージャーを代表して5分におよぶ演説をしました。彼女は「2078年、私は75歳の誕生日を祝います。私の子どもたちは一緒にその日を過ごすでしょう。そして、おそらく子どもたちは、あなたと私に尋ねるでしょう。気候変動に対して行動する時間がある間に何もしなかったのかと尋ねるでしょう」と語ります。

いまの政治家たち、リーダーたちが、子どもたちの「未来を盗む」のでしょうか、やがてグレタさんも自分の子どもから問われます。常に子どもは「未来」です。

この動画・グレタさんによるCOP24(気候変動枠組条約第24回締約国会議)でのスピーチの日本語字幕版は、国連広報センター (UNIC Tokyo)・YouTubeで観られます。

グレタさんに触発されて、オーストラリアでは何千人もの学生(小学生や中学生を含む)が、教室を離れて政府に行動を求める抗議活動をしました。

9月20日は世界最大のグローバル気候マーチ(#ClimateStrike)


「あなたは未来を盗んでいる:温暖化対策へ抗議(Greta Thunberg)」への2件のフィードバック

  1. Aki Kikuhara

    彼女に賛同して日本では活動している学生は居ますか?コミュニティありますか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です