コンテンツへスキップ

すべての子どもが5歳までに健やかに成長するために(TED: Molly Wright)

もし「いないいないばぁ」で世界を変えられると言われたら、どう思いますか? こう問うのは、最年少TEDスピーカーの一人である7歳のモリー・ライト(Molly Wright)さんです。研究に裏付けられた、親や養育者にできる子どもの脳の健康な発達を促す方法を解説し、遊びが生涯に渡る学習や行動、幸福に良い影響を与えると力説します。そして、すべての子どもが5歳になるまでに健やかに成長できるように支える、効果的な方法を教えてくれます。ステージでは1歳のアリ(Ari)と、アリの父親のアマジャット(Amarjot)が、脳科学に関するモリーのすごいアイデアを実演してくれます。

Molly Wright: How every child can thrive by five | TED

私たちの脳が、一生で最も急速に発達するのは生まれてからの数年間です。最大で毎秒100万の神経結合を作ることができます。ただし、みなさんの助けが必要です。私たちが健康に発達するために必要なことが5つあります。

1)人との絆、2)会話、3)遊び、4)健全な家庭、5)コミュニティです。どれも、私たちと脳が持つ能力を開花させてくれるものです。では、皆さんにできる実際に効果のあることとは何でしょう? 科学者は「サーブとリターン」と 呼んでいますが、子どもと絆を結び、話し、遊ぶことを大人っぽく言っただけです。

1歳のアリと、父親のアマジャットさんの実演。「まねっこ遊び」は想像力と共感力を育みます。「名づけ遊び」は、語彙と注意の 発達を促します。そして「いないいないばぁ」は、記憶と信頼関係を育てます。・・・大切なことは、早い時期からたくさん交流すること、本当ですよ。ステージで脳科学について話す7歳の私が言うんですから(笑)

Molly Wright: How every child can thrive by five | TED

どうか、私たちが発達する過程で特に大切な時期は、はじめの5年間だということを忘れないでください。お母さんのお腹の中にいる時からです。皆さんが大きな影響を与えるためにできることとは? サーブとリターンです。共に過ごす一瞬一瞬が絆を結び、おしゃべりし、遊ぶ機会なのです。世界中でみんなが実践したら、どれほど大きな成果を生めるでしょう。私たち子どもにとって、単なる遊びではありません。私たちの未来なのです。(拍手)

ね?「いないいないばぁ」で世界を変えられるでしょ(拍手)

このTEDトークは、世界中の親や養育者向けの教育ツールとしてミンデルー財団(Minderoo Foundation)と共同で制作され、ユニセフの後援を受けています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください