アイヌの伝統・文化を題材とした幼児向け絵本の制作

公益財団法人アイヌ民族文化財団では、アイヌの伝統や文化に関する知識の普及啓発を図る事業の一環として、アイヌの伝統等を題材とした「幼児向け絵本」を制作・配布するための原作を募集しています。最優秀作品を「幼児向け絵本」として制作し、道内幼稚園・保育所等に無償配布します。

令和元年度最優秀作品「ようかい ヤオㇱケㇷ゚」 絵・文:たばた まさる / アイヌ民族文化財団

絵本のテーマ及び内容は、次のいずれかとしています。
1)既存の文学作品等(アイヌの伝統や文学作品)を題材にしたもの。幼児向けに表現を修正することはできますが、話の内容・構成の変更はできません。
2)創作(オリジナル)作品。ただし、幼児向けとしてふさわしいものとします。

令和元年度の最優秀作品「ようかい ヤオㇱケㇷ゚」の作者「たばた まさる」さんは、「蜘蛛はアイヌ語で「ヤオㇱケㇷ゚」(ヤ=網・オㇱケ=織る・ㇷ゚=モノ)と言われていますが、アイヌ文化の中では様々な蜘蛛をモチーフにしたお話が伝承されてきました。」として、「アイヌモシリで伝えられてきた多くの物語を知ってもらえたら幸いです」と、この絵本を解説しています。

また、「発想豊かなアイヌの人々は、たくさんの妖怪伝説(民話)を残しております。その民話の多くが「悪いことをしてはいけません」という道徳的な教えであり、親から子、子から孫へ口承され、怖さと面白さ半々で子どもたちの脳裏に刻まれていったことだと思います。」と述べています。

アイヌ文化を学ぶ:キッズメニュー / アイヌ民族文化財団

アイヌ文化を学ぶ・キッズメニューには「幼児向けのえほん」「じどうしょ」「チャレンジコーナー」「ぬりえ」「クロスワード」があります。コンテンツはWebやPDFで読めます。最近は電子ブックでの配信となり、より楽しくパソコンやスマホで気軽に読みことができ、印刷して製本にすることもできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です