コネクションマシン(キューブ型)

コネクションマシンは、MITで考案されたもので、Danny Hillis によるノイマン型コンピュータの代替となるアーキテクチャーの研究から、演算処理の速度を上げるため、65,536個のプロセッサをキューブ型に接続した超並列マシンを製作しました。

シンキングマシンズ社 CM-1、Computer History Museum にて展示 / Wikipedia

FH030001

Connection Machine(コネクションマシン)

AI(人工知能)研究のためプログラム言語「LISP」が実装されていたようです。

MIT人工知能研究所のMarvin Minsky(マービン・ミンスキー)さんは、映画「2001年宇宙の旅」のアドバイザーです(^^)

「2001年宇宙の旅」は、筆者のお気に入りの映画ですが、映画に登場する「HAL9000」とIBMの関係は有名です。アルファベットの順番ではでは、H・A・Lの次がI・B・Mになっています。

FH030006

LOGO,LEGO WorkShop

楽しい「WorkShop」もあります。子ども達は創造力の天才です。

PCのプログラム言語LOGO(ロゴ)により、LEGO(レゴ)で製作されたおもちゃが動きます。

大人の既成概念にとらわれない無邪気な遊びの中に未来があるのでしょうね(^^)

FDベースのIBMデスクトップPCが、1990年という時代を感じさせます。

マービン・ミンスキーが健康や人間の心について語る(TED)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です