ジャーナリスト Isobel Yeungさんのドキュメンタリー

Isobel Yeung(イソベル・ヨン)氏は、世界の紛争、テロ、男女差別、健康など、さまざまな物語を扱ってきました。 2019年に中国のイスラム教少数民族ウイグル族の集団拘禁、家族の分離、監視についてリポートするために新疆ウイグル自治区に潜入しています。今年、特集番組などで2つの「エミー賞」を受賞、女性ジャーナリストを表彰する Front Page Awardsメリー・コルビン(Marie Colvin)賞を受賞しています。

Isobel Yeung in Vice (2013) Cost of Living and Paradise Lost / IMDb

Isobel Yeungさんは、2009年に英国ノッティンガム大学を卒業後、中国に移り数多くのフリーペーパーを出版、2014年に Vice Newsに雇用されニューヨークに移転しました。いま彼女は主に HBOで放映されるフラッグシップショーのプロデューサーで、長編ドキュメンタリーを担当しています。

Isobel Yeungさんがクリミア半島のいまをリポートした「Life Inside Putin’s Crimea | VICE on HBO」がYouTubeで公開(12/09)されています。2014年にクリミア危機、そして、ロシアのクリミア編入が強行されました。

クリミアの観光産業、軍事基地や市民生活、宗教活動やロシア本土とクリミア半島の間を結ぶクリミア大橋など、いまのクリミアを知る興味深いドキュメンタリーになっています。

  • Isobel Yeung(Twitter)“Impossibly hip with interesting hair”


Yeungさんは、中国の新疆ウイグル自治区について全体主義的なディストピアの恐怖感を体感、目撃したと語っています。(06/29 VICE News)

中国の新疆ウイグル自治区はオーウェリアン(Orwellian)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です