スマートホーム共通規格「Matter」Amazon, Apple, Google, IKEAらが参加

5月11日、IoT(Internet of Things)に関するグローバルな規格を策定する業界連合団体 Connectivity Standards Alliance(CSA、旧Zigbee Alliance)は、スマートホーム製品の共通規格「Matter」を発表しました。CSAには、Amazon、Apple、Google。IKEAなど多数の企業が参加しています。Alexaや Googleアシスタント、Apple HomeKit with Siri、SmartThingsなど、異なるプラットフォーム間でのスマートホームデバイスの相互接続性を認証するもので、2021年後半に最初の対応デバイスが認証される予定になっています。

Matter Products / CSA

Matterプロトコルの仕様は、Ethernet、Wi-Fi、Threadなどの既存のネットワーク技術上で動作し、Bluetooth Low Energy(BLE)にも対応。シンプルさや相互運用性、セキュリティ、柔軟性などを重視して開発しています。消費者は Matterマークの付いたデバイスを選び、スマートホーム対応機器同士の相互接続をわかりやすく確認できるようになります。

Matterは、これまで Connected Home over IP(CHIP)プロジェクトと呼ばれていました。2019年12月に発表された CHIPプロジェクトは、スマートホーム機器の接続の複雑さを緩和するために IPを採用しています。これによりユーザーは、照明、暖房、ホームシアター、ビデオドアホン、ドアロック、アラームを、スマートスピーカーによって制御することができます。

Companies that are part of the Alliance

認証の対象となるデバイスは、照明・電気、HVAC(暖房、換気、および空調)制御、ドアロック、ガレージドア、センサー、セキュリティシステム、窓枠・シェード、テレビ、アクセスポイント、ブリッジなどなど。また、5月に発売された新型のGooge Nest Hubは、この Matter(CHIP)に対応予定としています。

KISSの原則(Keep it simple, stupid: シンプルにしておけ!この間抜け)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です