ニットのゴジラとキツネの悲恋を描くアニメ「Lost & Found」

ストップモーション・アニメ Lost & Found(探しものを見つけた)が話題です。寿司屋の落とし物箱に入っていた、ニットの可愛いゴジラとキツネの純愛を描いたショート・アニメ作品です。柔らかい手編みニットの動きが印象的ですが、面白いシュチエーションと「ししおどし」によるストーリー展開、そして手編みニットの愛らしいゴジラとキツネが観客を惹き込みます。

Lost & Found (2018) – Oscar Shortlisted Stop-Motion Animation

今年2018年春に発表されて以来、数々の賞を受賞しています。セリフはなく、子どもが観ても分かりやすい演出と物語で、最後は切ない作品になっています。

映像の創り手を育成する教育に熱心なことで、国際的に知られるオーストラリアのメルボルンに拠点を置くクリエイターたちが集った PIXEL(pixel.melbourne)に所属するディレクターのアンドリュー・ゴールドスミス(Andrew Goldsmith)さんが、脚本家を志しているブラッドレイ・スレーブ(Bradley Slabe)さんのシナリオを元にして、一緒に作り上げた作品です。

View this post on Instagram

About Monday night… 🏆 @aacta

Lost & Foundさん(@lostandfoundshort)がシェアした投稿 –


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です