Blue Collar Cats
タグ:

ネズミ退治作戦ブルーカラー・キャッツ(Blue Collar Cats)

米国の首都ワシントンD.C.にある動物愛護団体ヒューマン・レスキュー・アライアンス(Humane Rescue Alliance: HRA)には、さまざまな境遇にあった犬や猫などの動物たちが保護されます。可愛い仔猫や人懐っこい「家猫」は、新しい里親に貰われやすいですが、一匹オオカミ的な性格の野良猫はペットとして飼うのは難しく、殺処分になることも多かったそうです。

Blue Collar Cats

Humane Rescue Alliance / Facebook

そこで、人に懐かず、ペットには適さない野良猫たちの活用策として2017年にHRAが立ち上げたのが、野良猫たちによるネズミ退治作戦プロブラム・ブルーカラー・キャッツ(Blue Collar Cats)です。

ブルーカラーは肉体労働を意味しますが、家庭やお店、オフィスなどでネズミを駆除する「暗殺者」として依頼主に雇用されます。雇用する条件は、悪天候時に雨風をしのげる場所と、定期的に食料と水を与えること、そして健康状態など生活全般に目を配ることだそうです。

これまでに約250匹の元野良猫がネズミ退治の使命を担い、家庭やオフィスなどに投入されました。このネズミ退治作戦プロブラム・ブルーカラー・キャッツ(Blue Collar Cats)は、げっ歯類の駆除に大きな成果を上げていますが、それにとどまらず、野良猫たちの命を救う結果にもなっています。

プログラムの創設時、ワシントンD.C.では保護された野良猫の12%が殺処分されていましたが、現在はこの割合が9%まで低下したということです。HRAでは、ワシントンD.C.の外にも拡大する計画だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です