ピューリッツァー賞にAudio Reporting(Audiobook・Podcast)新設

米国のオーディオブックの売上は2018年に10億ドル近くに達し、前年比25%も成長しています。この活況に対応するように、優れたジャーナリストの記事や文学作品に贈られる「ピューリッツァー賞」では、2020年から「オーディオ・レポーティング」という部門を新たに設けると発表しました。対象となるのはラジオやポッドキャストで放送されたレポートで、既に紙媒体のあるマスコミでも、放送のみのものでも良いそうです。また、米国のNetGalley(ネットギャリー)では、オーディオブックの抜粋配信サービスも始まっているようです。

The Pulitzer Prize Board today announces a new Journalism prize category for the 2020 prize cycle: Audio Reporting. / Facebook

人の活動範囲において、音楽や音声などのオーディオメディアは、仕事や教育を含む幅広いライフスタイルと相性が良いと思います。テクノロジーの発達で「オーディオ」は再評価され、デジタル・オーディオ市場は成長を続けています。

刊行前のゲラ配信サイト「ネットギャリー」では、既にサイトにアップロードされている本に出版社がオーディオブックを一部聞けるようにする機能を加えたそうです。2020年夏までには一部抜粋でなく、オーディオブックを全文配信できるようにするということです。サイトではリスナーからのフィードバックを募集しています。

NetGalley(ネットギャリー)とは、出版社、レビュアー、ブロガー、メディア関係者、図書館員、書店員、教育関係者といったみなさんに新たな「繋がり」をもたらす、簡単で画期的なWebサービスです。NetGalleyは電子的なゲラ(いわゆるプルーフ本)をプロフェッショナルな読者に配信し、これから発売される新刊や発売中の作品の販売促進、埋もれている過去の作品の掘り起こしなどを支援します。

Tales of the Kingdom Audiobook / http://kingdomtales.com/images/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です